【軟式野球部】 悔しさ残る黒星

 4月4日、同志社大学京田辺キャンパスグラウンドに於いて行われた関西六大学準硬式野球春季リーグ戦第2節2日目(立命大戦)。関学は初回、立命大に先制2ランホームランを浴びてしまう。追いかける立場の関学打線に快音は響かず、さらに2点を追加された。ようやく終盤に3点を返すものの、逆転することはできず3-4で敗北し、リーグ戦始まって初の黒星となった。
立命 200000200=4
関学 000000012=3
(関学)吉山(総2)、田中(経2)、妙見(経2)―池田(法3)
 前日の接戦を勝ち抜き、迎えた2日目。この日先発のマウンドに登ったのは去年より成長を続ける吉山。初回先頭打者をショートライナーに打ち取ったが、2番打者にライト線へヒットを許してしまう。2アウト一塁で、打席には立命大の4番打者。甘く入った3球目を捕らえられ、ボールはレフトの頭上を大きく越えた―。関学は初回に2ランホームランを浴びてしまった。2点を返し、降り出しに戻したい関学。しかし、この日の関学打線に快音が響かない。5回まで無安打。6回2番・富田(文4)がセンターへヒットを放ち、送りバント、盗塁などで確実に得点圏へ進むが、最後の1本が出ず点を返すことができない。悪い流れは7回に続き、死球からヒットを許しまたもや2点を奪われてしまう。8回表、立命大の攻撃が終わり0-4。ここで4点のリードを許した関学は、終盤に反撃を仕掛ける。2アウト走者無しで主将・富田が、センターへ抜けるヒットで流れを引き込んだ。富田はけん制の間に二塁に進みチャンスを広げる。続く山崎(社2)がライトへタイムリーヒットを叩き出し、二塁ランナーの富田が生還し1-4。最終回の表を妙見が無失点で抑え切り、関学はサヨナラ勝利を狙う。先頭打者は関学打線の大黒柱・原本(経4)だ。ボールを見送った後の3球目ライト線へのヒットで出塁。このチャンスをつなげたのが続くバッター高島(商2)である。2ストライク2ボール見極めた6球目、打ち抜かれたボールはセンターの頭上を越えるタイムリーツーベースヒット。この時点で2-4、2アウト三塁の場面にバッターボックスには9番・樽井(商4)。一塁に鋭い内野安打を放ち、高島が生還した。3-4で一塁には同点のランナー。流れは完全に関学に傾きかけていた。しかし、最後の巻き返しが叶うことはなく、3-4で試合は終了した。
 今季リーグ戦初めての敗北。この日の悔しさが、残る6試合へ向かう関学ナインを奮い立たせる。彼らのリーグ制覇にかける熱い思いが燃え上がる―。
試合後のコメント
主将・富田真司「ホームランの後吉山がよく投げてくれた。序盤に点を取ることができなかった。初回に点を取りたい。4年生を中心にがんばりたいと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です