【ラグビー部】 リーグ連覇!

 11月29日、天理親里競技場に於いて行われた関西大学ラグビーAリーグ第6節(対天理大)。関学は大滝(社4)の3トライを筆頭に45-21で天理大を下し、見事関西2連覇を成し遂げた。残すは同大との最終節のみとなり、全勝優勝へ向け朱紺の闘士たちは闘志を燃やし続ける。
 ついに迎えたこの日―。優勝が決まる天理大との一戦。晴れやかな空の下、円陣を組み朱紺の闘士たちは気合いを入れる。また、彼らを後押しする大きな声援が会場に響き渡る。そして試合開始のホイッスルが鳴り響いた。
 関学のキックオフから試合開始。相手にパスのインターセプトなどをされるが、前に進む姿勢を崩さず徐々に陣地を取っていく。この流れのまま前半5分、SO渕本(社3)のパスを受けたFL西川(文4)が先制トライを決め、関学に勢いを与える。だが相手も数々の接戦を制してきた強敵。ゴール前10mのラックから抜け出した相手を止めることができずに4分後には同点と振り出しに。攻防の入れ替わりが激しく、またすきを突かれてインターセプトを食らう。天理大の外国人選手を数人がかりでタックルするなど関学は流れをつかめないでいた。そんな中、キックで自陣を増やし、そこからモールで攻め込むというFWを中心とした攻撃で切り込んでいく。積極的なディフェンスからチャンスを広げていく関学は前半24分、ゴール前5mのスクラムから抜け出したNO8大滝(社4)が右中間にトライ。この後、関学は相手に目立った攻撃を許さず相手陣地でプレーを続け、再び大滝がラックからパスを受けて前に切り込み、2トライを追加。スタンドからの応援が大きくなって選手を後押ししていた。前半を26―7で終え、選手たちには険しい表情が。泣いても笑っても残るは後半の40分のみ。選手たちは後半開始前に再び円陣を組み、気を奮い立たせた。
 前半とは打ってかわり後半は関学のペース。開始直後にゴールライン目の前まで迫り、追加点を狙うが粘りのある相手ディフェンスにつかまり幾度となく攻撃を潰されてしまう。一方の天理大は関学のキックをキャッチし、関学ディフェンスラインを突破。そのまま独走トライを決められ12点差に詰め寄る。このまま相手の思うままにやられるわけにはいかない。関学はここから猛攻を見せた。常に相手陣地でプレーし、前に前に進む。そしてゴールライン数メートルからのマイボールラインアウトやスクラムから攻撃を組み立て、モールで押し込もうとしたり、個人で切り込んでいったりと、天理大を攻め立てる。対する相手は堅いディフェンスでこの攻撃を止め続けていた。しかし相手を追い詰める関学は気持ちを切らさずしっかりと得点に結びつける。スクラムから大滝―西川とつないで中央にトライ。ゴールをしっかり渕本が決め33―14と引き離す。さらに後半31分にはラインアウトでHO緑川(商3)の放ったボールを受け取ったPR岡本がダイレクトで緑川にパス。そのままゴールラインへと駆ける緑川に天理大の選手が襲い掛かるが、ものともせず追加トライ。その後も天理大に攻撃を許さず関学の流れかと思われた。ロスタイムに突入した41分、天理大に余裕のトライを決められる。残り時間が少なく後味の悪い試合にはしたくない。ここでリザーブの活躍が光った。3分後に中西(経1)が相手を抜き去り小原渉(人2)にパスをつなぎ、小原渉が独走状態で中央にリーグ初のトライ。そして待望の瞬間が訪れる。ノーサイドの笛が響き渡る―。その瞬間、スタンドからの大きな歓声と拍手に包まれ、選手たちははじける笑顔で抱き合い喜びをあらわにしていた。
 関西の頂点を懸けた戦いを45―21で勝利。リーグ連覇を決め、新たな歴史を刻んだ関学。残るは同大との対戦。全勝優勝を目指す彼らの戦いはまだ終わらない。リーグ最終節を見逃すな。
試合後のコメント
主将・小原正(社4)「素直にうれしい。みんな気合いを入れて、ひたむきにプレーしてくれたから勝てたと思う。応援してくれた人たちも、アウェイなのにホームみたいにしてくれて本当にありがとう。来週で全勝優勝を決めて、天理大とはまた国立で一緒に戦いたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です