【ラクロス部男子】 関東勢にあと一歩及ばず。全日本2位

 11月29日、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場に於いて行われた第1回全日本ラクロス大学選手権決勝戦(一橋大戦)。第1Q(クオーター)、関学は先制されるとその後も追加点を許す。第2、3Qともに一進一退の攻防が続き第4Qを迎える。関学は1点を返し、反撃ののろしが上がったかと思われたがあと一歩及ばず3対8で敗れ全日本2位となった。
 ついにこの時が来た。これまで数々の強豪たちと激戦を繰り返し、勝ち進んできた関学。関学に敗れた者たちの悔しさを背負いながら全身全霊で挑んでいく。関東王者・一橋大との初代チャンピオンの座を懸けて、天下分け目の一戦が幕を開けた。
 第1Q(クオーター)、開始から関学は、ゴール左前からランニングシュートを果敢に撃っていく。対する一橋大もこれまでの戦いで見せてきたアタックがゴール裏でボールをキープし、隙を伺いゴールを狙う攻めを展開した。それが機能し開始7分、関学は先制点を許してしまう。さらに追加点を与えてしまった。第2Q、関学も果敢に攻撃し、惜しいショットが何度も放たれた。守備でもDF中島が相手に攻め入る隙を与えない。だが、得点することができず第2Qを終了した。
 なんとか追いつきたい第3Q。しかし、一橋大のディフェンス陣が前に出る攻撃的な攻めが機能し、2点を奪われた。関学もゴール裏、左前、右前から1対1やクイックシュートを見せるが、相手ディフェンス陣が立ちはだかる。第3Qも得点できず、5点を追って最終Qへ。関学のエキストラ(数的有利な状態)で第4Qが始まる。関学はそのチャンスを生かし、MF廣田(社4)スタンディングシュートを放つ。勢いに乗ったボールは、見事ゴールネットに吸い込まれた。関学に待望の1点が入る。さらに追加点を奪って流れを一気に引き寄せた。攻める関学は、AT金田(法4)が3点目のゴールを決める。だが、一橋大も黙ってはいない。落ち着いた攻撃を見せ、ダメ押しゴールを決められた。最後まで粘る関学だが、無情にも終了の笛が鳴り、3対8で敗れ、あと一歩のところで日本一に届かなかった。
ショットを放つ廣田
駆け抜ける林
相手アタッカーを威圧する中島

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です