【ラクロス部男子】 サドンデス制す!学生日本一へ王手

 11月28日、大井ふ頭中央海浜公園第二球技場に於いて行われた第1回全日本ラクロス大学選手権大会準決勝(名城大戦)。関学は第1Q(クオーター)に先制する。その後、互いに攻め合い3対3で第4Qを終え、サドンデスへ突入した。迎えたサドンデス第2P(ピリオド)、木下(経4)がゴールを決め、4対3で激戦を制し決勝に進出した。
 京大に勝利し、関西の覇権を奪還した関学。彼らは、学生日本一を目指し、次なる舞台へと挑んでいく準決勝の相手は、東海の覇者・名城大だ。
 第1Q(クオーター)、開始から関学ペースで試合は進んでいく。開始8分にAT林(法4)が先制弾を決めた。第2Qでも関学は攻め込む。だが、2本のシュートが決まるもののノーゴールとされた。1点差で前半を終える。
 だが第3Q開始から名城大が反撃を開始する。2分に同点に追いつかれた。しかし、そんな状況を打破したのはMF廣田(社3)だ。林からのパスを受けた廣田は、右からシュートを決め、流れを関学に引き寄せた。さらにAT木下が(経4)こぼれ球を押し込み2点リードで第3Qを終えた。第4Qも関学は流れを譲らず、しっかりとパスを回しゴールに襲いかかった。しかし5分と6分、一気にゴールを決められ同点に追いつかれる。その後は一進一退の攻防が続いた。試合はまさかのサドンデスへ突入する。
 サドンデス第1P(ピリオド)も両校得点することができず、第2Pを迎える。すると3分、ある男が名城大ゴールに襲いかかった。木下だ。「無我夢中だった」と言う彼の放ったボールは見事、ゴールネットに突き刺さった。その瞬間、会場が熱狂に包まれる。4対3でサドンデスを制し、決勝へ駒を進めた。ここまで来たら、勝つしかない。日本一へ向け、彼らの快進撃は止まらない。
頼りになる関山
決勝点を決めた木下
関学の応援は日本一

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です