【アメリカンフットボール部】 立命大撃破、有終の美飾る!

 11月23日、長居陸上競技場に於いて行われた関西学生リーグDiv.1最終節、対立命大。関学は先制点をあげ勢いに乗ると、その後も追加点を重ね31ー7で勝利を収めた。この試合で関西2位が確定し、4年生は引退となった。

 これまでリーグ通算5勝1敗で迎えた最終戦・対立命大。優勝がなくなった関学ファイターズ。しかし、当初からの目標である「立命大に勝つ」ことを果たすため最終戦に挑んだ。それはまさに意地と意地の戦いとなった。
 関学レシーブで試合開始。QB加藤(社3)がパスとランを織り交ぜ、次々とファーストダウンを更新していく。敵陣25ヤードからの第4シリーズ。フォースダウンで関学OFFはギャンブルを選択する。QB加藤からWR萬代(社4)へのパスが決まり、ギャンブルを成功させる。これで流れに乗った関学は着実にエンドゾーンまで進み、またもやフォースダウンで勝負を仕掛ける。QB浅海(社4)からWR柴田(商4)へのパスが決まり、見事TD(タッチダウン)。K大西(商2)がTFP(トライフォーポイント)を決め、7-0とする。続く立命大の攻撃。第1シリーズの攻撃から25ヤードのロングパスを決められ、次々とファーストダウン更新を許してしまう。敵陣5ヤードから最後はダイブTDで7-7と同点とされる。続く第2Q。勢いを取り戻したい関学だが、なかなか敵陣には踏み込めない。しかし、ここでスペシャルプレーが生まれる。フォースダウンでパントをすると見せかけて、ボールはK高野(経4)ではなくDB吉井駿(経3)の手中に―。再び関学OFFが攻撃権を奪い、敵陣32ヤードからの攻撃。TDを狙い、ロングパスを試みるもののQB加藤がサックに見舞われ9ヤードのロス。フォースダウンで勝負に出る関学OFFはFGをK大西に託す。だが44ヤードのFGは失敗に終わる。しかし、ここで終わらないのが関学。DEF陣のロスタックルで、立命大OFFの敵陣進撃を阻む。続く関学の攻撃。ここで執念のTDを見せる。前半終了まで残り2秒でQB加藤がエンドゾーンのWR萬代への23ヤードパスを投げる。これを成功させ、TD。スコアを14-7とし、前半を折り返した。
 立命大レシーブで後半開始。立命大に敵陣まで進撃されるも、DB頼本のインターセプトでチャンスを奪う。この1プレーで関学OFFも勢いを増す。QB加藤からWR柴田へのパスに始まり、RB松岡(経2)やQB浅海のランで敵陣に進撃。ノーハドルの攻撃で立命大DEFを翻弄(ほんろう)し、敵陣17ヤードまでテンポよく進む。そしてQB加藤が自ら走りでTDを決め、21-7。関学の勢いはもう止められない。OFFが見せた後はDEF陣が見せる。DL村上(経3)のQBサックやDB三木(商3)、DB福井(商4)のタックルで相手に攻撃のすきを与えず、TDを死守。続く第4Q。第3Qで敵陣15ヤードまで迫った関学OFF。敵陣10ヤードからのフォースダウンで関学はFGを選択。K大西が冷静に決め、24-7と立命大を引き離す。一方の立命大は関学のDEFを前に自分たちのプレーができず、苦戦。そして追い打ちをかけるように関学DEFは立命大を追いこむ。DL平澤(商3)が連続でQBサックを決めると、続いてDB三木のインターセプトで関学は流れを渡さない。そしてDEF陣の活躍にOFF陣もさらに奮起を見せる。敵陣25ヤードからの第1シリーズ。フィールドに立つプレーヤーは全て4年生。そして最後の攻撃でRB平田(商4)のランTD。最後のプレーを最高の形で締めくくった。そして31-7で試合終了。
 選手たちの目からは「立命大に勝った」といううれしさから涙があふれ出ていた。みんなで健闘をたたえ合い、抱き合う。その姿はそれぞれの思いがこの一戦に込められていたことを物語っていた。このチームで戦う最初で最後の試合。勝ちたい―。その気持ちこそが原動力となり、ファイターズに勝利をもたらした。リーグ優勝は逃したものの、この勝利は選手たちにとって大きな意味をもつものになっただろう。最終節を宿敵・立命大からの勝利という形で締めくくり、2009ファイターズの集大成を見せた。
試合後のコメント
鳥内監督「今日がこのチーム最後の試合。気持ちを入れてやった。攻撃が最大の防御と思ってプレーして、これが成功してよかったと思う。先手必勝が効いてよかった。このシーズンは、立命大がいたから頑張れたと思う」
主将・新谷太郎(経4)「勝ってほんまにうれしい。得点につながったのはチーム全員が結束した結果。1年間苦しいことも辛いこともいっぱいあったけど、昨年自分のせいで立命大に負けた雪辱をはらすことができてよかった」
QB浅海「試合前に突き指をしてしまったが、やるしかないと思っていた。最初のTDも含めて立命大戦まで隠していたプレーを今日は全て決められてよかった。後輩たちには来年も絶対勝ってほしい」
WR萬代「最高。パスがよく通った。関大の優勝は決まっていたけど、立命大に勝つという目標をぶらさずにきた。来年はどこにも負けないでほしい」
WR柴田「最高にうれしい。この4年間、後輩の足を引っぱっていたのでよかった。立命大に勝ててよかった」
LB吉川(商4)「この日のために一年間やってきたので、勝ててよかった。去年はDEFで圧倒されてしまったが、今年はやり返せてすっきりしている。来年はぜひ甲子園に行ってほしい」
QB加藤「今シーズンは言いたいこと言ってやらせてもらったので、4年生のために勝ててよかった。来年はQBとして自分がOFFを強くしたいし、チームを勝たせたいです」
DL平澤「楽しかった。今日のDEFは今年一番の出来だったし、声もよく出ていた。来年は甲子園ボウルに行って日本一になります」
DL村上「今年一番のDEFだった。4年生がよい形で卒業できてよかった。今年は関大に負けて甲子園に行けなかったので、来年は今年の4年生の分も頑張りたい」
DB三木「DL、LBがラッシュをかけてくれたので、守りやすかった。インターセプトはその前にパスを何回か通されていたのでうれしかった。来年は全勝で日本一になります」
RB松岡「うれしいの一言です。1年間ずっと立命大を見据えてやってきました。勝てても接戦だと思っていたので、圧勝できてうれしいです。本当に4年生のおかげだと思います。来年はもっとビッグプレーを出して、自分がチームを勝たせるような選手になりたいです」

SNSでフォローする
Comments (3)
  1. by啓明中学生 より:

    立命に勝てた事はとても素晴らしいと思います。4年生はもう引退ですが気持ちを整えてこれからも頑張ってください。

  2. rouba より:

    この1年大変でしたね。最終戦は優勝以上の価値がありました。4thDギャンブル繰り返すあんなKGオフェンス見たことありません、また、あんなラッシュをかけるKGディフェンスも見たことありません。あんな激しい積極的なKGも知りません。新しいレジェンド! 見たことのない仰天のプレーもありました。何年経っても語り草になるでしょう。
    あれから何日経ったでしょうか。まだ昨日のことのように気分がいい。この余韻まだまだ続きそうな気がします、10年は続くかも。KGファイターズの隅から隅までのみな皆みなさんに深々と頭を下げつつ感謝とピシーっと最敬礼をしたいと思います。    ファンクラブの末席者

  3. 日大王朝 より:

    試合内容の面白さは学社の中で日本一。ドラマが感じられるいい試合でしたが残念ながら2位決定戦。京大に大勝した関大を見て対策ができなかったのが残念。関学の頭脳をもってすれば関大には勝てたはず。ここまでできたチームに次がないのは残念です。4回生は友達が夏休みや冬休みに浮かれている中で一生懸命アメフトに取り組んできたわけでその想いが最終戦の涙につながっているのでしょう。来年は第2節に関京戦。10月中に立命館戦です。今から準備をしても全然遅くない。来年こそ関学対日大の甲子園ボウルを期待する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です