【硬式野球部】 新人戦、準優勝で終える

 11月19日、豊中ローズ球場に於いて行われた関西学生野球六大学秋季新人戦。決勝は立命大との対決となった。関学は、初回から越智英貴(社2)が左前安打で出塁するなど、3回まで毎回安打を放つ好調な出だし。だが、決め手を欠き、なかなか得点することができなかった。そして、0―0のまま迎えた8回裏。それまで好投していた先発・ボイランフィヨン(社1)が連打を浴び2失点。終盤で0―2とされる。最終回、中盤から相手先発・徳山に完璧に抑えこまれた関学打線は奮起せず、0―2で敗北を喫した。こうして関学は新人戦を準優勝で終えた。また、試合後の閉会式では優秀選手として谷雄太(商1)が表彰された。
試合後のコメント
チーム主将・越智「序盤に点を取れなかったのが悪かった。ボール球を打たされてしまっていた。関学は善戦しても負けてしまうことが多く、立命大はチャンスを逃さない強さがある。リーグ戦はチャンスを逃さずに必ず勝ちたい」
優秀選手・谷「春(の新人戦)は怪我で出られなかったので、秋はしっかり頑張ろうと思っていた。今日は負けて悔しいが(優秀選手に選ばれたことで)チームに貢献できたという自信にはなった。来年もチームに貢献できるように頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です