【サッカー部】 2年ぶりに関大撃破!首位に返り咲く

 11月15日、三木総合防災公園陸上競技場に於いて第87回関西学生サッカーリーグ戦第9節(関大戦)が行われた。前半は相手の攻撃に苦戦を強いられ、守りに徹した関学。後半に入ると一転、関学ペースで試合を繰り広げる。そしてワンチャンスを得点につなげ、先制した。そのリードを守りきり、見事1-0で2年ぶりに関大を撃破した。
先制ゴールを決めた原田(社4)

関学0-0関大
1-0

GK長井
DF


志田野
飯田
35上村
31高松
MF


12村上
桑野
18梶川
19阿部
FW
11原田
村井

 前節、大院大に負け、2位に順位を落とした関学。この隙に、ともに上位争いを繰り広げているライバル・関大は勝利を収め勝ち点2差で、首位に踊り出た。大混戦の今季リーグ、3位には同点で立命大、4位には3差で阪南大が迫る。今回の頂上決戦の結果次第では、4位転落の可能性も。関西制覇に向け、どうしても勝利をつかみたい一戦であった。
 いつも以上に気持の入ったプレーを見せたイレブン。前半から、前線から積極的にプレスをかけ、相手の攻撃の芽を摘み取ろうと必死にピッチを駆け回った。序盤には、MF阿部(文2)のパスカットなどからチャンスを作りかける場面もあったが、上手くいかず、次第に試合は関大ペースへ。一度、関大が牙をむくと、関学は流れを変えることができず、防戦一方の苦しい展開となった。幾度となく決定機を与え、フリーでシュートを放たれることも。しかし、守護神・GK長井(商4)、怪我を押して出場を決意したDF志田野(総4)が体を張ってゴールを阻止。前半終了まで続いた猛攻を、運も味方につけて耐えしのぎ、0-0で前半を折り返した。
 関学は前半を0に抑えれば強い。個々の能力が高い関大を警戒するあまり守備に徹してしまっていたが、一気に反撃モードに入り、果敢にゴールを目指した。そして、後半14分、阿部の左サイドからのクロスにペナルティーエリア中央にいたFW原田(経4)が頭で合わせ、先制。今季初ゴールが関学にとっても大きな1点となった。その後も関学は、攻め続け、関学ペースで試合を進めた。一方の関大は、交代カードを次々と切って得点を試みた。しかし関学は追撃を許さず、最後まで1点のリードを守り抜く。そして、ついに訪れた試合終了の瞬間。勝利の雄叫びが会場に響くとともに、激戦を制した選手たちの目からは熱いものがこぼれ落ちた。
 「関学全員で関大を倒すべく、この一週間一つになって練習に取り組めた」。関西制覇への強い気持で勝利をつかみ、見事首位奪還を成し遂げた関学。現在2位の立命大と勝ち点では並んでおり、依然として大混戦。次の桃学大戦も気の抜けない戦いとなる。
試合後のコメント
ゲームキャプテン・志田野「前半苦しい時間帯が来るのは分かっていた。あそこで粘れたことが勝利につながった。勝てて本当に良かった。後2試合しっかり勝って、関西制覇したい」
決勝点を決めた原田「めっちゃ嬉しい。常にゴールへのイメージだけはしていた。今期初ゴールで今日とゆう日に結果出せたことが嬉しすぎる。今日の勝利はうれしいが、忘れて残り2試合絶対勝って自力優勝したい」
ピンチを救った長井「勝てたことはとにかく嬉しい。前半は流れが悪かったので、とにかく失点をしないように我慢した。後半はより攻撃的にいこうと意識した。うちは運動量が多くて後半に自信があるので、メンタル面にもプラスに働いたと思う。あと2試合は、それぞれラストと思って集中してやっていきたい」

SNSでフォローする
Comments (2)
  1. KG応援団 より:

    やったー!!!見事に関大を撃破!
    すばらしい!やはり今期は何かあるぞ。
    あとは勝つだけ。一戦一戦総力戦で頑張って下さい。
    皆さん、応援でも頑張りましょう!!!嬉しい!!!

  2. Bチームファン より:

    サポーターの皆さん、大応援団を繰り出しましょう!!
    こうなりゃ、三木だろうと高槻だろうと長居だろうとどこにでも行ってやる!!!絶対優勝だ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です