【スケート部】 悔しさ残すも全日出場

 11月8日、大阪プールに於いて行われた第55回西日本ショートトラックスピードスケート選手権大会。大会2日目の今日は、男女ともに1000㍍・3000㍍スーパーファイナルが行われた。関学勢は上位にこそ食い込めなかったものの、北原良祐(商3)、石田千賀(法2)、上岡誠(商1)が全日選手権ならびに全日本選抜への出場を決めた。
試合後のコメント
北原「昨日の転倒で足を痛め、思うように滑れなかった。全日本に向けて、フォームを確立してスピードを上げていきたい」
石田「守りに入ってしまい、あまり動きが取れなかった。全日本まで時間があるから体力を戻して、今回見えた悪い部分をしっかり修正していく」
上岡「練習では調子が悪かったけど、試合の中で勉強させてもらった。全日本選抜までは場数をこなして、フォームなどを中心に練習する」

全日本選抜出場権を獲得した上岡誠

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です