【ハンドボール部男子】 悲願のインカレ初戦突破!

 11月7日、いしかわ総合スポーツセンターに於いて行われた平成21年度高松宮記念杯男子52回全日本学生ハンドボール選手権大会。関学は序盤こそ危なげな展開を見せたものの、4点差をつけて前半を折り返す。後半は安定した試合運びで33-27で完勝し、念願だった初戦突破を果たし2回戦(対東北福祉大)へと駒を進めた。
試合後のコメント
副主将・小西哲平(社4)「佐藤(主将・文4)が昨日の開会式中に具合が悪くなって、急遽山口(社2)を使うことになり、そこは不安があった。でもビデオを見て、ミーティングで対策してたところはしっかり出来たし、勝ててよかった。次も勝ったら3回戦は去年負けた日体大なので、頑張ります」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です