【ラクロス部男子】 関西制覇へ王手!

 11月7日、舞洲運動公園球技場芝面に於いて行われた第20回関西学生ラクロスリーグ戦ファイナル3準決勝(京都産業大戦)。試合は両校まったく譲らない展開で進んでいく。第3Q(クオーター)を4対4で終えた。そして迎えた第4Q、関学は猛攻を見せ一挙3点を奪う。そのままリードを守り抜き7対4でフ
ァイナル3決勝戦へ駒を進めた。
頼りになるディフェンス陣
 いよいよ決戦の舞台、ファイナル3が幕を開けた。関西制覇を掲げ、リーグを勝ち上がってきた3校が頂点の座を競い合う。関学の相手は、実力十分の京産大。強豪校同士の戦いは、準決勝にふさわしい好ゲームとなった。
 「負けたら引退。それが試合でいい緊張感につながった」と主将・矢山(経4)が語るように第1Q開始早々、MF林(法4)がゴール横から先制弾を決める。幸先の良いスタートを切った。しかし、関学はファールを取られマンダウンとなると、直後に1点を返される。さらにディフェンスの隙を突かれ、追加点を奪われた。リードされた状況にも矢山は「慌てることはなかった」と言うように冷静にプレーする関学。安定した守備陣やG矢山のナイスセーブから攻撃陣へパスをつなげチャンスを作っていった。そして、2点を奪い逆転に成功する。悪い流れを断ち切り、関学ペースでゲームを進めていった。第2Qでも矢山を中心に鉄壁の守備陣が奮闘する。すると、林からのパスを受けたAT森山(社3)が完璧なカウンターで左からゴールに押し込みリードを広げる。その後1点は返されたものの、リードを守り後半へと折り返した。
だが京産大もこのまま黙ってはいない。第3Q開始5分に、関学はファールでピンチを迎えると、そこから得点され試合を振り出しに戻された。同点にはなったものの、関学は流れを渡さない。AT木下(経4)、AT金田(法4)、林などを中心に相手ディフェンシブゾーンでゴールに襲いかかった。何度も惜しいショットが飛び出るもののネットを揺らすことはできず、勝負の行方は最終Qへ。ここから今年の関学を象徴する第4Qからの猛攻撃が始まる。まずは開始6分にAT松田(商3)がディフェンスをかわし、勝ち越し弾。
貴重なゴールが決まったさらにその直後、MF廣田(社3)がゴール右にショットを決め追加点を奪う。完全に流れを関学が支配した。盛り上がる関学ベンチ、そして応援スタンドのボルテージも最高潮に。応援に後押しされ、開始10分に再び松田が決め、ダメ押しとなった。その後もDF妹尾(経4)やDF中島(経4)を中心とした守備陣が相手に攻撃の隙を与えない。矢山も相手のショットを完全に封じ込んだ。そしてゲーム終了の笛が鳴る。その瞬間、大きく拳を上げる選手たち。スタンドからも歓喜の声が響き渡った。
 7対4と激戦を制し、優勝へ王手をかけた。決勝戦の相手は王者・京大。リベンジを誓った上ヶ原の戦士たちは王者を倒すため、関西頂上決戦へと挑んでいく。
試合後のコメント
主将・矢山「接戦は予想通り。だから慌てることはなかった。今日はディフェンスがすごく頑張ってくれた。絶対、関西制覇して日本一になる」

試合後、勝利に喜ぶ選手たち

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です