【サッカー部】 後期初黒星

 11月7日、鶴見緑地球技場に於いて、第87回関西学生サッカーリーグ(後期)第8節が行われた。関学は大院大と対戦。前半を0―0の同点で折り返すが、後半24分、37分に守備の乱れから立て続けに失点を喫してしまう。後がない関学は必死に攻めるが、最後まで得点を奪えず、0―2で敗北した。

関学0-0大院大
0-2

スターティングメンバー
GK長井
DF
飯田
34山内
31高松
津田
MF
桑野
16花井
12村上
18梶川
FW
19阿部
村井

 前節、同大戦で苦戦しながらも、気持ちを前面に押し出したプレーで勝利をあげた関学。勝ち点3を手にしたものの、いまだに大混戦であることは変わらない。今節の相手は、ここ5試合で4勝1分けと波に乗る大院大。首位を守りきるためにも、勝利だけを目指し、試合に臨んだ。
 静かな立ち上がりを見せた前半。関学はMF梶川(社2)やFW阿部(文2)を中心に攻撃を組み立てる。ゴール付近までボールを運ぶも、なかなかシュートで攻撃を終えることができない。逆に、ミスから大院大にゴール前でボールを奪われ、ピンチを招いてしまう。また、セットプレーからフリーでシュートを打たれたりと、厳しい時間帯が続いたが、DF飯田(社4)を中心に、声を出し合って守り切った。そして迎えた前半38分、関学にチャンスが訪れる。梶川が放った右からのCKを飯田がフリーで折り返し、最後はFW村井(経3)がヘディング。関学得意の攻撃が綺麗に決まったが、ボールは無情にもバーの上。決定的な場面であっただけに、スタンドからもため息がもれた。その後は互いにチャンスを作れず、両チーム無得点のまま前半を終えた。
 後半は、MF花井(商2)に代えてFW持田(文4)を投入。より攻撃的な布陣で、点を取りにいった。しかし、前半同様になかなか決定的な場面を作れず、探り合いの状態が続く。試合が動いたのは後半24分。ミスからボールを奪われた関学は、完全にフリーの状態からシュートを打たれ、先制点を奪われてしまう。失点後、今まで以上に果敢に攻める関学。DFとして出場している山内(社1)をFWにポジションチェンジするなど、あらゆる手を打つが、なかなか攻撃の形が作れない。逆に後半37分には、スローインからクロスをあげられ、最後は頭で合わせられてまたも失点。0―2とリードを広げられてしまう。その後はラインをあげ、全員で攻撃をしかけ続けたが、点は奪えず完封負け。後期初の敗北であったが、選手たちは決して下を向いてはいない。「来週はチャレンジャーとして関大に向かっていく」と口をそろえる選手たち。この敗北を乗り越えた先に、関西制覇が待っているはずだ。
試合後のコメント
ゲームキャプテン・長井「何もできなかったが、落ち込んでいる暇はない。次の関大戦は気持ちの強いほうが勝つと思うので、気持ちで負けないようにしたい」

SNSでフォローする
Comments (3)
  1. KG応援団 より:

    残念、残念、残念・・・。悔しい!
    せめて引き分けで終わってほしかったなあ。
    負けても0-1で・・・。
    悔しい!
    よし、サポーターのみなさん、われわれも頑張りましょう!
    関関戦に勝利して、首位奪回。
    選手のみなさん、気力です。残り3試合、ここまで来たんだから、絶対優勝しましょう。最後の最後まで戦いぬこう!!!

  2. Bチームファン より:

    宮脇君、努力が実ったね。気力でプレーして下さい。
    ※今さら緊張したってしょうがないやん。(笑)
    頑張れ!!!

  3. 静岡人 より:

    今こそ監督のいう「団結」心だ!みんな頑張って!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です