【庭球部男子】 関西王者の意地を見せつけ全国3位/王座

 10月28日~11月2日にかけて行われた平成21年度全日本大学対抗テニス王座決定試合(於・名古屋グリーンテニスクラブ)。近大との3位決定戦が昨日の雨天により本日に持ち越され、シングルス6試合が行われた。シングルスを3―3で張り合ったが、総合結果は5―4で近大を下し、見事、全国3位を成し遂げた。これをもって、4年生は引退となった。
試合後のコメント
主将・伊東勇登(商4)「(王座を振り返って)全部いい試合ができて、良い締めくくりができた。3位は素直に嬉しいけど、みんなへの感謝の気持ちの方が大きい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です