【アイスホッケー部】 力出しきれず引き分け

 11月1日、関西大学アイスアリーナに於いて行われた第56回関西学生アイスホッケーリーグ戦(京産大戦)。関学は得点するものの、すぐに追いつかれ流れを引き寄せられない。最後までリードを守り抜けず4対4で引き分けた。
 2対2の同点のまま迎えた最終P(ピリオド)。11分に古山(商3)がシュートを決める。流れを取り戻したかと思うと、1分後に京産大がカウンターで得点、同点を許してしまう。「気が抜けていた」。主将・長友(文4)は振り返る。その後も4対3のリードを迎えるも、即座に京産大に得点され試合終了。格下の京産大に痛恨の引き分けとなってしまった。
パスを奪い流れを引き寄せる関学
攻め込む長友(文4)と古山(商3)

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です