【スケート部】 石田、全日本2冠達成!

 10月24、25日に帝山アイススケートトレーニングセンターに於いて、第32回日本学生ショートトラックスピードスケート選手権大会が行われた。関学のエース・石田(法2)は、出場した1000m、1500mの2部門で全国制覇を達成。昨年、ナショナルチームの一員として活躍した彼女は、今大会でも確かな実力を見せつけた。また、男子では、北原(商3)が500mで6位、1000mで5位に入る健闘を見せた。さらに、北原(商3)、中澤(経3)、上岡純(商2)、上岡誠(経1)の4名で挑んだリレーでは5位に輝いた。団体総合では女子が2位、男子が5位に入った。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です