【拳法部】 個人戦、無念の2回戦敗退

 10月25日、名古屋市枇杷島スポーツセンターに於いて行われた第25回全日本学生拳法個人選手権大会。関学からは5名がエントリーされた。序盤から苦戦を強いられた関学は、北脇一茂(経3)や、葭安大地(商1)が初戦突破を果たすも、2回戦で強敵に圧倒され、ともに敗退した。
試合後のコメント
主将・濱口真伍(商4)「(11月29日の)団体戦にかけてきていたので、個人戦である今日の結果は気にしていない。次が引退試合になるので、集大成として生き様を見せたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です