【硬式野球部】 サヨナラ勝利!有終の美を飾る

 10月18日、南港中央球場に於いて行われた、関西学生野球六大学秋季リーグ対京大2回戦。関学は5回、1死から9番・樫岡徹(商3)が左前に打球を転がし、左翼手が守備にもたつく間に三塁まで進塁。その後、2番・大西浩平(社3)の中越適時打で1点を先制する。しかし、8回に同点に追いつかれ、1―1のまま試合は最終回へ。そして迎えた9回裏、関学は四球や盗塁、失策により1死一、三塁の好機となり、4番・萩原圭悟(商1)の適時打で見事にサヨナラ勝ちを収めた。これで関学は予定されていた試合を全て消化し、4位で秋季リーグ戦を終えた。
                  R H E
京大 000 000 010=1 3 4
関学 000 010 001x=2 5 1
京)山敷、安土、西本、水木―表
学)樫岡、蒔野―米川
 勝てばリーグ最終戦、4年生にとっては引退試合となる対京大2回戦。試合前ノックから選手たちは大きな声で互いに声を掛け合い雰囲気良く試合は始まった。
 初回、関学にいきなり危機が訪れる。2番・藤田の打ち取った当たりを味方が失策し出塁を許す。すると先発・樫岡徹(商3)のリズムが崩れ、続く打者に四球を与え、さらには4番・水木に投げた3球目は暴投となり1死二、三塁としてしまう。しかし、その後樫岡は立て直し4番、5番の主軸をしっかりと抑え、この回を無失点で切り抜けた。だが、その裏、関学は三者凡退で攻撃を終えてしまう。
 2回、6番・立見の中前安打から、犠打をきっちりと決められまたもや得点圏に走者を進められる。だが、樫岡の好牽制などでアウトを取り、この回も得点を許すことはなかった。序盤から京大に攻め込まれる形となった関学。好機が訪れたのは3回だった。相手の失策や四球で1死満塁とし、迎える打者は3番・土井竜也(社4)。しかし、土井が放った鋭い打球は運悪く遊撃手正面のライナーとなり併殺としてしまった。
 立ち上がりが不安定であった樫岡だが序盤以降はテンポの良い投球で順調に打ち取っていく。0―0のまま進む中、試合が動いたのは5回だった。9番・樫岡の左前安打に左翼手の失策が重なり、樫岡は一気に三塁まで進む。そして先制点好機に2番・大西浩平(社3)が値千金の中越三塁打を放つ。待望の1点が入り、先制することに成功した。
 その後も樫岡の投球は崩れることなく、試合の流れは関学に傾いているかと思われた。しかし8回、京大が意地の攻撃を見せた。7番・沖田に死球を与え、先頭打者の出塁を許すと、続く打者に犠打を決められ1死二塁と久々に得点圏に走者を置く展開となった関学。そして1番・表に投げた4球目を左前に上手く運ばれてしまい、1-1の同点とされる。この回はこれ以上の失点は防いだものの、終盤にゲームは振り出しに戻った。
 9回は、樫岡に代わってマウンドに上がった蒔野健太(文1)がわずか9球で三者凡退に抑え、最後の攻撃に向けていい流れを作る。そして関学の攻撃。相手投手はこの回からマウンドに上がった京大のエース・水木だ。1番・檪浦大亮(経2)はゴロに打ち取られてしまったが、続く大西は一度もバットを振ることなく四球を選び、盗塁にも成功。1死二塁と一打逆転の好機となる。さらに土井の打球は遊撃手の失策を誘い、1死一、三塁の場面で迎えるは主砲・萩原圭悟(商1)だ。初球から打ちに行った萩原の右翼線への痛烈な当たりが決勝打となり、関学は今季初のサヨナラ勝ちで秋季リーグ戦を終えた。
試合後のコメント
清水監督「今日はボール球に手を出してしまった。(シーズンを通して)投手は良く投げていたが、バッターがチャンスで打てなかった。(これから)投手を中心にしっかりと守りを鍛えて守り勝つ野球をしていきたい」
主将・有木孝広(商4)「(今日は)できることをやろうと信じてやりきりました。優勝はできなかったが、意識を変えようと努力してきて、その土台は作れたと思う。本気で神宮を狙えるチームになった。(後輩には)もっと自分に厳しくなって、しんどい時にどれだけ頑張れるかというところを伸ばしていってほしい」
萩原「周りの先輩方に1年間の恩返しが出来たらと思った。(今季は)まだまだ課題だらけで納得のいくプレーが出来ていない。来年に向けてしっかりと頑張ります」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です