【硬式野球部】 最終節、完封勝利でまず1勝

 10月17日、南港中央球場に於いて行われた、関西学生野球六大学秋季リーグ対京大1回戦。関学は初回から3番・土井竜也(社4)の右中間二塁打、4番・萩原圭悟(商1)の中越三塁打で1点を先制。5回にも土井の犠飛で1点を追加し、2―0で勝利した。また、投げては先発・宮崎啓佑(社4)が被安打4で京大打線を抑え込み、見事に完封勝利を収めた。
                  R H E
関学 100 010 000=2 6 1
京大 000 000 000=0 4 0
学)宮崎―米川
京)水木、山敷、安土―表
 今季の関学にとって最終節となる京大戦。4年生の引退を2連勝で飾るべく、最終戦へと臨んだ。
初回、関学にいきなり好機が訪れる。2死から3番・土井竜也(社4)が右中間を破る二塁打で出塁すると、続く4番・萩原圭悟(商1)が中越三塁打を放ち1点。幸先良く先制に成功した。
 今日の先発は不動のエース・宮崎啓佑(社4)。序盤から緩急をつけた見事な制球で、京大打線を封じる。初回に与えた四球と、3回の味方の失策以外には出塁を許さず、6回までノーヒットと完璧な投球を見せた。また、攻撃面では初回以降、好機を活かせず得点することができなかった関学であったが、5回、先頭打者の宮崎が四球を選び、犠打や安打で三塁まで進塁。その後土井の犠飛で生還し、ようやく1点を追加した。
 2-0のまま迎えた7回裏。宮崎を前にノーヒットに抑えられていた京大打線が反撃を見せる。ボールカウント2-2から2番・藤田が左前二塁打を放ち無死二塁。その後、捕手・米川千貴(商4)が盗塁を阻止し1死とするも、初安打を打たれて心が乱れたのか、宮崎は4番、5番に連打を浴びてしまう。そして、犠打も重なり2死二、三塁の危機。だが、ここでエースは踏ん張り、代打を空振り三振に仕留めてこの日最大の危機をしのいだ。
 その後、代わった投手・山敷を前に攻めあぐねた関学。得点の好機に4年生の代打が次々送られるも、追加点を奪うことはできなかった。だが守りでは、7回の危機を乗り切った宮崎が本来の投球を取り戻し、得点を許さぬまま試合終了。宮崎は大学生活最後となった先発起用の試合を、完封勝利で終えた。こうして関学は明日の2回戦に向けまずは1勝を収めた。
試合後のコメント
清水監督「いつものように守りをしっかりできた。(宮崎選手は)自信持って投げていて、頼りがいがある」
主将・有木孝広(商4)「優勝がなくなった中、どれだけ今年のチームらしさを出せるか、と思い試合に臨んだ。明日も自分らしく、全力で野球を楽しんで、関学野球部らしい戦いをしたい」
宮崎「(京大には)春打たれていて、リベンジしようと思っていた。初回の先制点が援護になったと思う。いつも通りに投げられた。チームの雰囲気も良かった」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です