【ラクロス部男子】 ファイナル3出場決める!

 10月11日、立命館大学びわこ草津キャンパス第3グラウンドに於いて行われた第20回関西学生ラクロスリーグ戦(立命大戦)。
 関学は先制に成功すると、流れに乗って得点を重ねていく。後半に連続失点を許すが、そのままリードを守り通し8対5で見事勝利した。
ここまで開幕4連勝と流れに乗っている関学。この勢いに乗って昨年リーグ戦2位の立命大に挑んでいった。
 第1Q(クオーター)開始早々、MF前川(商2)がいきなり先制弾を決める。主将・矢山(経4)が「先制できて、相手の流れにならなくて良かった」と語るように幸先の良いスタートを切る。しかしすぐに、立命館大に同点に追いつかれた。だが、今年の関学は違う。開始6分、MF・奥田(経3)が左上からショットを決め再びリードすると、開始10分にも再び奥田がゴールを決め、立命大を引き離していく。その後も安定したパス回しから果敢に攻撃し、第2Qでも2点を追加。G矢山の好セーブもあり4点のリードで前半を終え、ゲームの主導権を握っていった。
 さらに点差を広げたい第3Q。しかし開始早々、相手に点を奪われる。その後も立命大の反撃が続いたが、堅いディフェンスでピンチを防いだ。すると開始8分、ゴール裏にいたMF林(法4)からパスを受けた前川が合わせてゴールを決めた。だが、立命大にショットを決められ再び点差が縮まり、6対3で第3Qを終了する。
 第4Q開始直後、関学は反則を取られ2マンダウンのピンチを迎える。それでも必死にゴールを守り切った。すると開始7分、AT金田(法4)が弾丸ミドルシュートを決め点差を広げる。しかし、矢山が「油断してしまった」と言うように一気に2点を奪われ2点差まで追いつかれた。そんな中、終了7分前にAT森山(社3)が見せた。相手ディフェンス陣を次々と抜き去り、技ありのダメ押し弾。この森山の得点で勝負あり。最後までリードを守り通した関学は、8対5で昨年負けた立命大から勝利を手にした。そして無傷の5連勝を飾り、見事ファイナル3の出場を決めた。彼らの不敗神話はまだまだ続く。
試合後のコメント
主将・矢山「試合前は、よけいなこと考えず勝つことのみ考えた。相手は荒いが、冷静に試合できたと思う。次も絶対に勝ちたい」

ゴールを死守する鉄壁・矢山
選手たちは追加点に笑顔を見せる

SNSでフォローする
Comment (1)
  1. 川村 孝二 より:

    11日の 対立命戦では すばらしい速攻で 快勝したことに
    心より おめでとう を申し上げます。
     NO 27 君のポジションは守りの要 最後の年次の記念すべき結果を聞き ご苦労さんと 祝福申します。
     部活も このリーグ戦が 最後と思いますが 続く後輩の諸君に 良い手本と尊敬される先輩となることを期待します。
     万歳 関西学院大学ラクロス部!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です