【バスケットボール部女子】 1部昇格へ大きな1勝!!

 10月11日、天理大学に於いて行われた2009年度関西女子バスケットボールリーグ戦入れ替え戦第2戦(対園女大)。関学は後半に逆転を果たし、64ー57で見事勝利した。
序盤から試合は園女大ペースで進んでしまう。確実な3ポイントシュートに関学はリードを許し、一時は10点差を付けられる。しかしタイムアウトをとり、気持ちを入れ替える関学。関学らしい積極的な攻めと、粘り強いディフェンスでペースをつかみ始めた。そして前半終了間際、F井上(人1)の華麗な3ポイントシュートが決まり、関学は34ー35と1点差まで追いついた。
 第3Q、焦りを見せる相手にF改發(文4)とC横田(人2)の力強いドライブでファウルを奪っていく。残り7分にして園女大のチームファウルは4回目と関学は相手を追い込んだ。そしてG公文(社4)の正確なセットシュートで関学はついに逆転。C横田のリバウンドも光り、関学は勢いを付ける。しかし相手も負けじと速い攻撃を展開。関学はファウルを重ねてしまい、思うような守りができなくなる。点差を離したいところだが、園女大・GF高田に3ポイントシュートを狙われた。第3Qを53ー47と接戦で最終Qに続いた。
 最終Q、G公文とC横田が4回目のファウルを取られ、関学に不安が漂う。しかし、またもやF佐藤(社4)が空気を変えた。F佐藤は速いドライブでファウルを奪い、ファウルスローで4連続得点。あたりが強い相手ディフェンスにも関学は負けず、速いパス回しを展開した。相手は3ポイントシュートを狙ってきた
が、関学はリバウンドで意地を見せ、相手にセカンドチャンスを与えなかった。最後まで関学は粘りのバスケで、64ー57で勝利。目標のインカレ出場へ向け、大きな一勝を手に入れた。
試合後のコメント
主将・公文真衣(社4)「昨日ミーティングして、リードされても落ち着いて返していこうと確認しあいました。そのミーティング通り、後半で硬さがなくなって、ドライブもパスも積極的に向かっていけて良かったです。明日も頑張ります!」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です