【ハンドボール部男子】 大経大を撃破!残すは最終戦のみ!

 10月11日、住吉スポーツセンターに於いて行われた平成21年度関西学生ハンドボール秋季リーグ戦。関学は大経大に対して序盤からリードを奪うが、なかなか点差をつけることができない。同点のまま前半を折り返し、迎えた後半。随所で3連続得点を決めるなどして点差を離していき、29-26で勝利をあげた。
試合後のコメント
佐藤勇登(文4)「大経大に対してシミュレーションしてきたことがうまく出来て良かった。相手はミドルシューターが多いから、それを止めて自分たちの持ち味である速攻が出来た。でも大体大(最終戦の相手)には通用しないミスもあったから、この一週間で直したい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です