【硬式野球部】 逆転逆転の延長戦、死闘の末に敗北

 10月4日、南港中央球場に於いて行われた関西学生野球六大学秋季リーグ対立命大1回戦。関学は2回に5番・久恵将之(商4)が7番・米川千貴(商4)のゴロの間に生還し、1点を先制。幸先の良いスタートを切る。だが、徐々に先発・宮崎啓佑(社4)のコントロールが定まらなくなり、迎えた8回。四球で出塁した走者が4番、5番の連打で還り、2失点。1―2と逆転を許す。だが、今日の関学はここで終わらなかった。9回裏、5番・久恵が二塁打で出塁すると、代打・森田恭平(経3)が右前安打を放ち、同じく代打で登場した外山昌孝(社2)が執念で打球を右前へと運び、久恵が生還。2―2の同点となる。試合は延長戦となり、迎えた11回表。代わった投手・蒔野健太(文1)は、無死満塁から1番・上内に中前適時打を放たれ失点。1点で抑えたものの、裏の攻撃では相手先発・藤原正に押さえ込まれ、無念の敗北を喫した。
                R H E
立命 00000002001=3 11 0
関学 01000000100=2 10 0
学)宮崎、小坂、蒔野―米川、小林祐
立)藤原正―新田
 近大戦の2連敗から一週間。優勝戦線に残るには、もう一つも負けることができなくなった関学。何がなんでも勝ちを取るために、現在全勝中と勢いに乗る立命大に挑んだ。
 先に試合を動かしたのは関学だった。2回、先頭打者の4番・萩原圭悟(商1)が放った右翼線への強い打球が二塁打となり出塁。続く5番・久恵将之(商4)は初球を右中間へと運び、無死一、二塁の好機が訪れる。続く打者のゴロでは、惜しくも本塁への生還は阻まれ、1死一、二塁となるも、7番・米川千貴(商4)の打席で、走者が初球から重盗を仕掛け、これが成功。1死二、三塁とする。そして、米川のゴロの間に三塁走者の久恵がかえり、関学は先制に成功した。
また、先発・宮崎啓佑(社4)は立ち上がり良く、3回までに立命大打線をわずか1安打に抑える好投を見せる。だが、4回以降は徐々にコントロールが乱れ、四球を与える場面が多くなっていた。
それでも序盤にリードしたのは関学。このままこの1点を守りきり、勝利するかと思われた。しかし、相手は強敵・立命大。そう簡単に勝利させてはくれなかった。
8回、宮崎は先頭の9番・金子を打ち取った後、1番・上内にこの日4つ目の四球を与える。上内には6回に二盗、三盗を許しており、バッテリーもこの走者を警戒していた。何度もけん制を入れるも、2番・福田に投じた3球目でまたしても盗塁を許す。その後、福田は三振に切るも、3番・柳田に四球を与え、2死二塁、一塁として迎えた打者は4番・津川。制球力の乱れた宮崎の球は中前へと運ばれ、ついに1―1の同点とされる。そして5番・栁舘の打球も不運な内野安打となり三塁走者の柳田が生還、関学は終盤に1―2と逆転されてしまった。
8回の攻撃は無得点に終わり、残す攻撃はあと1回。9回裏、何としても追い付き、逆転したい関学の攻撃は、打撃好調の5番・久恵から始まった。その久恵がまず、二塁打で出塁。6、7番は倒れるも、続く代打・森田恭平(経3)が右前安打を放ち、2死、一、三塁となる。絶好の場面で登場したのが、代打・外山昌孝(社2)。2ストライクと追い込まれ、執念で打った4球目―。打球は二塁手・柳田と右翼手・津川の間に落ち、適時打となった。土壇場で2―2に追いついた関学。試合は延長戦へともつれ込む。10回表から登板した蒔野健太(文1)は、走者を出すも併殺に仕留め、無失点で抑える。だが、相手先発の好投手・藤原正はここまで一人で投げ切り、関学打線も要所を抑えられていた。そして、11回表、関学はついに得点を許し、2―3となる。その裏、関学は先頭打者が安打で出塁するも、スタミナの豊富な藤原正の前にあと一打が出ず、試合終了。まさに死闘とも呼べる延長戦を、制することができなかった。
試合後のコメント
清水監督「1―0のまま勝っておくべきだった。宮崎は悪くなかったが、あと1本が出なかった」
主将・有木孝広(商4)「もうここまできたら、チームの底力を見せ、何が何でも勝とうという気持ちでいた。延長戦になってからは、勝ちたいという気持ちが向こうの方が大きかったのだと思う。まだこれで終わりではないので、野球を楽しむことを忘れず、明日明後日で勝ちを取りにいきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です