【剣道部】 男子、団体・個人ともに制覇!

 10月4日、兵庫文化体育館に於いて兵庫学生大会が行われた。男子は2年生以下、女子は3年生以下が出場する今大会。先に行われた個人戦で男子は渡邊慎平(経1)が見事優勝した。また中津琢磨(経1)が準優勝、林明史(法2)が3位となり関学が上位を独占した。続く団体戦で男子は優勝を果たし、強さを見せつけた。一方、女子は波に乗りきれず個人・団体ともに表彰台に上ることができなかった。
 個人戦で上位を独占し、勢いにのる男子は団体戦も優勝だけを目指した。団体1回戦の相手は流科大。関学は難なく流科大を倒し、好調なスタートを切る。続く関福大戦。先鋒・山根(人2)が勝利し、勢いをつける。しかし次峰・野口(社1)、中堅・豊岡(社2)が粘り強い戦いを見せるも引き分けとなる。ここで勝ち星を挙げたい関学は副将・山田(経2)が仕事を果たし、落ち着いた小手で勝負を決めた。大将・桐石(人2)は惜しくも1本負けを喫したが、関学は2勝1敗2分で関福大に勝利し、決勝に進む。決勝の相手は甲南大。先鋒・谷(人2)は中盤に面をとられるも、相手を見極め小手を取り返し、引き分けに持ち込んだ。しかし次峰・山根は相手の勢いに押されてしまう。決定打をなかなか決めることができず、引き分けとなった。だが続く中堅・豊岡、副将・山田ともに素晴らしい竹刀さばきで1本勝ち。大将・桐石は自分のペースで試合ができず悔しい2本負けに終わった。選手全員で声をかけ合いチームワークを見せた関学は、2勝1敗2分で甲南大を倒し、見事優勝に輝いた。
 一方、女子はAチーム松岡(文1)、池田愛(社3)、船曳(文3)。Bチーム村部(文2)、矢ヶ崎(人1)、玉井(商2)の2チームが出場した。シードで出場したAチームは2回戦の甲女大A戦を2勝1分で突破。しかし続く園女大B戦で苦しい試合を見せる。先鋒・松岡は落ち着いた攻めで1本勝ちを決めたが、続く中盤・池田が胴を決められ1本負け。大将・船曳に勝敗は託された。両者とも譲らない戦いが続き、試合は延長戦へ。船曳は疲れを見せず、気迫のこもった面を決め準決勝へ勝ち進む。準決勝、相手は神薬大。先鋒・松岡は序盤に小手を決められ1本負け。しかし中盤・池田が鋭い面で試合を振り出しに戻した。またもや大将戦。プレッシャーが船曳にかかるなか、声を出し積極的に攻める。しかし個人戦で優勝を果たし勢いがある相手に小手を許してしまい、敗北。船曳は悔し涙を飲んだ。
 Bチームは1、2回戦を順調に勝ち進み、準々決勝の園女大A戦。先鋒・村部は落ち着いた攻めで戦うも、1本をなかなか決められず引き分け。中堅・矢ヶ崎は勢いのある攻めを見せるが面を決められ1本負け。関学は後がなくなり、勝負は大将・玉井に託された。序盤相手の攻めに押されるも、中盤から玉井らしい積極的な攻めを出す。しかし守る相手をなかなかこじ開けることができず引き分けに終わった。1敗2分でBチームも優勝を逃した。
 男女ともに、それぞれ今大会の結果を真摯に受け止め、11月に待つ関西新人大会へ走り出す。
【個人戦の結果】
(男子)
渡邊慎平(経1) 優勝
中津琢磨(経1) 準優勝
林明史(法2) 3位
瀧井勇太(商2) ベスト8
森高裕太郎(商1) ベスト8
(女子)
太田千恵(商3) ベスト8
前川明香莉(法2) ベスト8
池田愛(社3) ベスト16
池田加奈子(商1) ベスト16
船曳夏子(文3) ベスト32
試合後のコメント
渡邊慎平(経1)「必死でした。自信はなかったが、やるからには優勝を目指しました。自分はまだまだなので、団体戦のメンバーに入れるようにしたいです」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です