【軟式野球部】 執念のスクイズ、サヨナラ勝ち

 10月4日、同志社大学京田辺キャンパスに於いて行われた平成21年度関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦最終節2日目(対関大)。関学は同点で迎えた9回、代打・小森(経2)のスクイズでサヨナラ勝ちを決めた。
 前戦で無失点により敗北した関学は、気持ち新たに強い思いでリベンジに臨んだ。
 初回、先頭打者長井(法1)がデッドボールで出塁すると、原田将(経2)がレフトオーバーのヒットでつなげ、この日4番を務めた主将・富田(文3)がタイムリーヒットで、価値ある先制点を関学はつかんだ。その裏を先発・田中健(経1)が0点にきっちり抑え、2回につなげる。2回にも先頭打者高島(商1)がセンター前ヒットで出塁。ここで送りバントを絡める関学らしいつなぐ野球が展開され、高島が生還し追加点が加えられる。4回から登板した吉山(総1)も好投を見せるが、6回関大に2点を追加され同点に追いつかれるピンチを迎えた。その後は打者2人を落ち着いて押さえ、妙見(経1)へバトンが渡された。7、8回は両チームのスコアボードに0が並び、試合は早くも最終回へ持ち込まれる。関大打線を妙見が三者凡退で抑えると、関学は先頭池田(法2)がレフトの頭上を大きく越える2ベースヒットを放つ。緊迫した試合展開は相手にエラーを誘い、関学は無死一、三塁の大チャンスを迎える。ピンチヒッターとして打席にたった小森(経2)がスクイズをきめ、関学はサヨナラ勝利を収めた。
 最終戦勝利は、春季リーグにつながる貴重な勝利として、関学軟式野球部の笑顔とともに刻まれ、秋季リーグは閉幕した。
試合後のコメント
富田真司(文3)「今日は、みんな原点に帰り、『野球を楽しもう』という気持ちでのぞんだ。初回、2回とリズム良く追加点を取れたが、後半は単調な攻撃になってしまった。6回に追い付かれた時もそこまで焦りはなく、なんとかしてやろうという気持ちだった。最終回は、池田(法2)が長打で塁に出て、バントで繋ぐという関学らしい野球ができた結果がサヨナラ勝ちとして出たと思う。これから春のリーグ戦に向け、得点力を強化していきたいと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です