【軟式野球部】 完封負け

 9月29日、わかさスタジアム京都に於いて行われた平成21年度関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦最終節1日目(関大戦)。
 試合は両校のピッチャーが好投を見せ、0点のまま進んでいく。しかし7回、関学は犠牲フライを浴びて先制点を与えてしまった。反撃したい関学だが、チャンスを作れず、0対1で惜敗した。
快投を見せる川瀬
ベンチの中から声援を送る選手たち
 この日の先発は、毎回好投を見せる川瀬(社3)。川瀬はランナーを出すものの、ホームを踏ませないピッチングで関大打戦を封じていく。しかし、関学打戦も相手投手に抑えられ先制することができない。試合は、両エースが奮闘し、ロースコアの投手戦となる。
 試合が動いたのは7回、川瀬は長打とエラーで無死一、三塁のピンチを迎える。するとその直後、8番打者にレフトへ犠牲フライを放たれ、流れを与える大きな1点を許してしまった。さらに2死二塁と再びピンチを招くと、1番打者に二遊間を破るヒットを放たれた。二塁ランナーは、三塁ベースを回り本塁を狙う。しかし、センターの強肩・原田大(商3)が好返球。見事、2点目を阻止した。
 原田大の好プレーで流れに乗っていきたい関学。だが、8、9回ともノーヒットに抑えられ川瀬を援護できず、0対1で完封負けを喫した。
試合後のコメント
主将・富田(文3)「いつもと一緒で点が取れなかった。簡単に凡退してしまっている。ピッチャーが頑張っている分、もっと打戦が頑張らないといけない。リーグ最終戦になる次の試合は、春につなげるようにいい形で終わりたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です