【陸上ホッケー部】 涙の敗北

 9月27日、舞洲ホッケー場に於いて行われた関西学生ホッケー秋季リーグ戦予選リーグ第3戦。関学は前半から果敢に攻め上がる。しかし中京大の堅守に阻まれ、逆に先制点を決められてしまった。残り9分でどうにか追い付き、1-1で前半を終了。後半も攻めきれないまま、またもゴールを許し1点差に。それでも運動量は落ちることなく、何度もドリブル突破を試みる。しかし、ゴール前まで突破したところで試合終了のブザーが鳴り響いた。
試合後のコメント
主将・坂田剛敏(社4)「昨日負けてしまったから、今日は負けられない試合だった。中京大の調子も良いわけではなかったけど、関学もシュートをゴールに決められなかった。2位通過は厳しくなったけど、それでも残りは勝つしかない」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です