【バレーボール部】 同大にフルセットで勝利!

 9月27日近畿大学に於いて行われた関西大学バレーボール連盟秋期リーグ戦。関学は第6戦目同大と対戦した。第1セットは序盤から同大におされてしまう。反撃するも一歩およばず第1セットを奪われる。続く第2セットは関学の攻撃がつながり流れをつかむ。大量リードを守り、試合を振り出しに。第3セットは両校ゆずらずジュースに。大熱戦を31―29で関学が制す。勢いにのり第4セットも連取したい関学。しかし、相手も負けじと関学の攻撃に喰らいついてくる。同大の執念が勝り、勝負は最終セットへと持ち込まれた。第5セットは両校スパイクで攻め合う。関学は持ち味であるブロックが決まり、リードを奪う。そのリードを守り、セットカウント3―2で勝利した。
試合後のコメント
主将・三宅宏和(社4)「競った試合だったが、悪い印象はなかった。おされていたムードの中で、勝てたことは収穫だと思う。1週間次の試合まであるので、チームを万全にして後半戦も頑張りたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です