【硬式野球部】 近大戦、2連敗で勝ち点落とす

 9月26日、阪神甲子園球場に於いて行われた関西学生野球六大学秋季リーグ対近大2回戦。昨日1敗を喫し、後がなくなった関学。先発に起用された樫岡徹(商3)は5回まで近大打線を0点に抑え、味方の援護を待つ。だが、関学打線も近大の先発・中後の変則的な投球に、なかなか先取点を奪えない。そして6回、それまで好投していた樫岡も、4番、5番に連打を浴び先制されてしまう。そして9回にも追加点を許し、0―4で敗北。あと1本が出なかった関学は、悔しい2連敗で近大戦を終えた。
               R H E
近大 000 001 003=4 12 0
関学 000 000 000=0 6  0
学)樫岡、蒔野、小坂、福島、中谷―米川
近)中後―丸山
 昨日1敗を喫し、後がなくなった関学。何としても1勝を挙げるべく、関学を支える2本柱の一人、樫岡徹(商3)が先発のマウンドを任された。
 普段は立ち上がりが不安定だと語っていた樫岡だが、初回は3番・荒木貴に左翼線の二塁打を放たれるも、4番をゴロで仕留める良い立ち上がりを見せる。3回には1死から四球、安打が絡み二、三塁の危機を迎えるも、遊撃手・大西浩平(社3)の華麗な守備により、無失点で抑えた。
 一方、打線はこの日も苦戦を強いられる。相手先発の中後は、変則的なフォームから繰り出す、速球や変化球が持ち味の手ごわい投手。左打者の多い関学打線にとって、左投手である中後を攻略するには、右打者の活躍が鍵であることは明確であった。
 関学は初回、1死から2番・檪浦大亮(経2)がファールで粘り、四球で出塁する。そして4番・萩原圭悟(商1)の右前安打で三塁まで進み好機を迎えるも、先制点を奪えない。また、3回にはこの日1番で起用された右打者・久恵将之(商4)が中前安打で出塁し、犠打と内野安打で2死一、三塁の再び好機となるも、あと1本が出ない場面が続いた。
 「味方が点を取るまでは、絶対に点を与えない」という思いで投げ続けた樫岡。その樫岡の気持ちに応えるためにも、何としても先制したい関学だが、4回以降は凡退が続いてしまう。そして迎えた6回表。樫岡は1死から4番・5番に連続二塁打を放たれ、ついに先制される。すぐさま捕手・米川がマウンドに駆け寄り声をかけると、その後の打者はきっちりと抑え、この危機を最少失点で切り抜けた。だが、秋の強い日差しは樫岡の体力を奪ったのか、制球は定まらなくなり、7回途中で降板。後の投手に望みを託した。
 後を任されたのは、昨日に引き続いての登板となる1年生投手・蒔野健太(文1)。2番に安打を許すも、3番、4番を抑えてきっちりと仕事をこなした。
 0―1と、またも先制を許してしまった関学だが、選手に諦めの色は無かった。まだ1点、絶対に取り返してやろうという気持ちが、関学に再び好機を引き寄せた。1死からまたも1番・久恵が中前安打で出塁、2番の檪浦も中前へと打球を運び、連打を放つ。1死一、二塁で打席に入ったのは3番・土井竜也(社4)。振り抜いた初球は、不運にも遊撃手の正面へのライナーになり、併殺とされてしまった。この日最大とも言える好機を逃した関学は、その後追加点を奪われ、0―4で敗北。近大戦をまさかの2連敗で終え、勝ち点を逃した。だが、まだ優勝への可能性は消えたわけではない。次なる相手、立命大戦に向け、気持ちを切り替えることとなった。
試合後のコメント
清水監督「悪い展開だった。ゴロは打てていたが弱いゴロが多く、打線がつながらなかった」
主将・有木孝広(商4)「昨日と同じような展開になってしまった。一人一人が自分の打席で決めようとしすぎて、空回りしてしまった。立命大戦はぐっとこらえて、優勝戦線に残ってしっかり戦っていきたい」
樫岡「調子は良いぐらいだった。昨日は先制され、先取点を取るまではとられないように、と思って投げた。優勝の可能性がなくなった訳ではないので、立命大には絶対に打たせないという気持ちでいきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です