【硬式野球部】 近大戦、悔しい黒星スタート

 9月25日、阪神甲子園球場に於いて行われた関西学生野球六大学秋季リーグ対近大1回戦。関学の先発・宮崎啓佑(社4)は、相手先発・武内と互角に投げ合い、6回までを0―0とする。だが、7回裏、1死から2番・溝端に右翼方向への三塁打を浴びると、3番・荒木貴に適時打を放たれ失点。これが決勝点となり、関学は0―1で敗北を喫した。
               R H E
関学 000 000 000=0 5 0
近大 000 000 10×=1 9 0 
近)武内―柴立、國本
学)宮崎、蒔野―米川
 第1節の同大戦から約1ヶ月空いて臨んだ近大戦。激しい優勝争いに名乗りを上げたい関学にとって、この勝敗はとても重要な鍵を握っていた。だが、すでに立命大に勝ち点を奪われた近大にとっても、この一戦を落とすことはできない。決して譲れぬ両者が、甲子園の地で火花を散らした。
 関学は初回、いきなり先制の好機を迎える。四球で出塁した1番・檪浦大亮(経2)の盗塁、3番・土井竜也(社4)の内野安打で三塁へと進塁。1死一、三塁となる。だが、後続は断たれ、この好機を逃してしまう。
 また、春に近大戦で完封勝利を挙げた先発・宮崎啓佑(社4)はこの日も順調な立ち上がりを見せる。4回には2本の単打を浴び、犠打や四球で走者を三塁に進める危機を2度迎えるも、持ち前の緩急をつけた投球できっちりと抑え、決して本塁を踏ませなかった。
 一方、関学打線もまた、決定打が出ずにいた。5回に再び1死三塁の好機が訪れるも、相手先発・武内の高めに浮く球に力み、フライを上げて自ら好機を潰してしまっていた。
 そして、0―0のまま迎えた7回裏。ついに試合が動く。先頭打者の1番・岡澤が放った打球はセンター方向へとのびていき、長打になるかと思われた。だが、ここは中堅手の檪浦が好捕、幸先よく1死とする。しかし、安心もつかの間、次の打者の2番・溝端に打球を右翼線へと運ばれ、これが三塁打となってしまう。そして迎えた打者は、春の怪我から復帰を果たした好打者・荒木貴。宮崎は捕手・米川とマウンド上で話し合い、勝負することに決めた。ボールカウント、1ストライクから投じた2球目。打球は巧く右前に落とされ適時打となり、この試合初めてスコアボードに「1」が刻まれた。その後は追加点を許さなかったもの、宮崎は無念にも荒木貴に挑んだ真っ向勝負に敗れてしまい、この回でマウンドを降りた。
 何としても1点が欲しい関学。だが、打球はなかなか転がらず、フライアウトが続いてしまう。最終回は代打抗戦で武内を打ち崩そうと試みるも、安打を奪えぬまま試合終了。連打の出なかった関学は惜しくも0―1で敗れ、初戦を白星で飾ることができなかった。
試合後のコメント
清水監督「宮崎の調子は良かった。先制できなかったことが敗因。全体的にフライアウトが多く、差し込まれている感じだった。連敗はできないので、(ミーティングでは)明日はゴロを打って行こうと話した」
主将・有木孝広(商4)「(同大戦から)空いた1ヵ月間、初戦を取るためにやってきた。負けてショックもあるが、ここで下を向いてしまうと、1年間やってきたことが無駄になる。明日は勝つために腹をくくり、全員でやっていきたい」
宮崎「味方が点を取るまでは、取られないようにと思って投げていた。調子は悪くなかったので、悔いは感じていない。もう少し制球力を上げ、勢いのあるストレートを投げたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です