【バレーボール部】 立命大に大逆転勝利!

 9月23日甲南大学に於いて行われた関西大学バレーボール連盟秋期リーグ戦。関学は第5戦目立命大と対戦した。第1セットは序盤のミスがひびき落としてしまう。続く第2セットも巻き返しを図るが攻撃がつながらない。このセットをものにできず追い詰められた関学。しかし第3セットに粘りをみせ、スパイスを相手コートにたたき込む。25―23で勝利への可能性をつないだ。勢いにのり第4セットも連取した関学。最終セットは攻撃にミスが出てしまい、序盤相手にリードを許す。しかし、追い詰められても関学は攻めの姿勢を崩さなかった。リズムのよい攻撃で逆転に成功。セットカウント3―2で見事な逆転勝ちを収めた。
 リーグ5戦目。関学は立命大との対戦を迎えた。今リーグ上位に駒を進めるため、この戦いは両校負けられない対戦だ。
 第1セット、センター・竹内洸介(経3)のブロックやセンター攻撃で得点を奪い、流れをつかんだかに思われた。しかしその直後、関学のサイド攻撃にミスが重なってしまう。連続ポイントを奪われ、5―10と序盤から苦しい戦いになる。中盤は、サイド・高橋良輔(社2)、レフト・横山雄大(人1)のスパイクも決まりだし徐々に追い上げを見せる。終盤はサイド・三宅宏和(社4)がスパイク、ブロックで得点し、22―23と立命大に歩み寄る。一気に巻き返したい関学だったが、立命大に連続ポイントを許し、22―25と逃げ切られてしまった。
 続く第2セット。第1セット同様、序盤から立命大ペースで試合は進む。立命大・森田、上田のスパイクやブロックに苦戦しリードを許す。関学は、竹内、高橋のスパイクで応戦し、差を縮めるも同点に追いつくことが出来ない。結局、序盤に奪われたリードを守り切られ23―25。またも、後わずかのところで立命大に第2セットを取られてしまった。
 後がない第3セット。序盤は、シーソーゲームとなる。関学は、竹内のセンター攻撃、ブロックで得点を奪っていく。チームが声を出し合い、一丸となってボールをつないだ。14―8と立命大をリードする。しかし、ストレートで勝利したい相手も必死にブロックで攻撃をブロックで阻止。そして、じわじわと関学に差を詰め、20―19の僅差に持ち込まれる。ここで、高橋が活躍を見せた。積極的に声を出し、スパイクを相手コートに叩きこむ。最後も、力強いスパイクで25―23と第3セットを決め、勝利への望みをつないだ。
 勝利のために何としても、ものにしたい第4セット。関学は第3セットの勢いを発揮する。序盤こそ相手にリードを許したが、その後は猛追を見せる。横山がスパイクを決め、竹内、セッター・佐川翔(経1)がブロックを成功させ試合の主導権を握る。アタッカー陣の攻撃もテンポよく決まり、立命大を引き離す。25-19でこのセットを奪い、勝負を第5セットに持ち込んだ。
 両校ともに譲れない第5セット。関学の選手たちは互いに声を掛け合い、チームを盛り上げる。序盤から点の取り合いとなり、5-5と緊迫した戦いに。しかし、ここで関学はスパイクにミスが出てしまう。4連続ポイントと痛いリードを奪われてしまう。追い詰められた関学。しかし、選手たちは誰一人諦めていなかった。「絶対に勝ちたい―」。その執念でボールを丁寧に拾い、ジュースに持ち込んだ。高橋がスパイクを成功させあと1点に。最後は立命大のスパイクがエンドラインを越え16-14。セットカウント3-2で逆転勝利をおさめた。
試合後のコメント
主将・三宅宏和(社4)「最終セットは序盤攻められて厳しかった。しかし、チーム一丸となって戦い、勝てて良かった。春より格段にチームは良くなってきている。このムードでリーグ戦後半も頑張っていきたい」
高橋良輔(社2)「自分たちの粘りが発揮された。レシーブも一丸となって、チームが盛り上がれて勝てたのは良かった」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です