【ハンドボール部男子】 痛い一敗

9月21日、山城総合運動公園に於いて平成21年度関西学生ハンドボール秋季リーグ戦が行われた(対桃学大)。関学は前半後半ともに桃学大にリードを許してしまい、31―34で手痛い敗北を喫した。
試合後のコメント
主将・佐藤勇登(文4)「前回よりもみんなで声を出したり気合いをいれたが、簡単なミスや同じ攻撃を何回も受けてしまった。リーグを制するためにはもう負けられない」

SNSでフォローする
Comment (1)
  1. 石井大三 より:

     負ける事は飛躍出来る最大のチャンス!今こそオフェンス、ディフェンスは相互で連携の声掛けで思いきりの良いプレイで楽しむ事 勝利を手に!           佐藤主将へ             石井大三

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です