【ハンドボール部男子】 2勝目あげるも課題は残る

 9月19日、桃山学院大学に於いて平成21年度関西学生ハンドボール秋季リーグ戦の第2戦が行われた。関学は同大に対して点差をつけることができず、シーソーゲームを展開。試合終盤まで点を取っては取り返される攻防を繰り広げ、29-28で辛勝した。
試合後のコメント
主将・佐藤勇登(文4)「シュートミスやパスミスなど、うちの良くないところが出た。競り勝てたのは1、2年生の働きがでかい。あさっては今日をバネにして締めていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です