【軟式野球部】 打線つながりコールド勝ち!

 9月15日、豊中ローズ球場に於いて行われた平成21年度関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第3節2日目(対神大)。
 関学は初回から打線がつながる。2回には打者一巡の猛攻も見せた。さらに追加点を加えた関学は、継投で神大打線を抑え13対6で勝利した。
神大 000 001 05=6
関学 480 000 1×=13
(7回コールド)
(関学)
妙見、関、田中健―池田
 昨日の接戦を制した勢いに乗り、今日も勝って2連勝といきたい関学。先取点のチャンスはすぐやって来た。初回、樽井(商3)がライト前ヒットで出塁し、その直後富田(文3)のバントヒットで1死一、二塁で4番・原本(経3)に打席が回った。快音を響かせ、原本が打ち返した打球は左中間を破るタイムリーツーベースヒット。早々に欲しかった先取点を神大から奪い、この回に一挙4点を得る。また、2回はヒット数8本という、打者一巡の猛攻撃が炸裂。ダメ押しとなる8点を追加し、12-0とする。
 また、今日の先発は妙見(経1)。5回までに8奪三振と、テンポの良い投球を続け、後に続く攻撃のリズムを作る。
 コールドが適用される7回。関学は、神大に5点を返されるも何とかしのぎ、13-6で神大に2連勝した。
試合後のコメント
主将・富田真司「昨日はしんどい試合だったので、今日は初回から絶対に1点入れていこうと言っていた。いつも課題にしていた先取点を取れたのが大きい。1,2回で12点も取れ流れに乗れて良かった」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です