【陸上ホッケー部】 シーソーゲーム制し、西日本5位!

 9月12日、親里ホッケー場に於いて第37回西日本学生ホッケー選手権大会5位決定戦(対京産大)が行われた。前半20分にこぼれたボールを岡川(理4)が押し込み、関学が先制する。しかしその後主将・坂田(社4)が負傷し、交代を余儀なくされた。主将を欠いたもののベンチと選手が一体となって盛り上げる。京産大に得点を許し、同点で前半を終えた。続く後半もし烈なシーソーゲームとなった。互いに譲らぬ展開でリードが入れ替わる。しかし後半27分に勝ち越し弾を加藤(商2)が決め、5―4で試合終了。見事、西日本5位となった。
試合後のコメント
副将・岡川洋士「勝てたのは大きい。ただ内容がよくなかった。運動量で勝った感じ。(結果には)5位をずっと取ってきたからめっちゃほっとしてる」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です