【バドミントン部男子】 順当に勝利。最終戦に2部全勝優勝をかける

 9月12日、龍谷大学深草キャンパス体育館に於いて行われた関西学生バドミントン秋季リーグ戦第4戦(対大経大)。関学は第1ダブルスを接戦の末落とすものの、その他のゲームはしっかりとものにし、4‐1で勝利。これで初戦から4連勝となり、最終戦の天理大戦に全勝優勝をかけることとなった。
試合後のコメント
主将・栗田輝亮(文4)「入れ替え戦を想定して戦っているが、まだできてない部分があるので、気を引き締め直して戦っていきたい。最終戦はきっちりと3‐0で勝ちたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です