【軟式野球部】 チャンス生かせず敗北

 9月9日、わかさスタジアム京都に於いて行われた関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第2節1日目(対同大)。
 関学は4回にホームランを浴び先制を許すと5、6回にも失点し4点を奪われる。7回に原田大(商3)のタイムリースリーベースヒットで1点を返すが、さらに追加点を許し1対5で敗北した。
 先発した妙見‎
 関学の先発は、ゴールデンルーキー・妙見(経1)。妙見は、序盤から丁寧に外角にボールを集め同大打線を打ち取っていく。だが4回、同大の4番にホームランを浴び、先制点を許した。5回にも追加点を与えた妙見は、6回にも3連打を浴びてマウンドを降りた。
三塁打を放ち、ガッツポーズを見せる原田大‎
 一方の打線は、何度も得点圏にランナーを進めるものの、あと一本がでない。そんな中7回、先頭の池田(法2)がライト前ヒットで出塁する。バントで進塁させ、1死2塁のチャンスで原田大(商3)。3球目を力強く振りぬいた打球は、ライトの頭上を大きく越えてフェンスへと到達する。俊足の原田大は、三塁を陥れタイムリースリーベースとなった。しかしその後、本塁を踏むことができず、8回にも1点を失った関学は、1対5でリーグ戦初の負けを喫した。
試合後のコメント
主将・富田(文3)「今日は、序盤からチャンスがあったのに、生かせなかった。それで流れが悪くなって失点につながったと思う。同大は強いが勝てない相手ではない。明日は、先制点を取って必ず勝ちたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です