【陸上競技部】 全日本インカレ第2日、男子走幅跳で主将・中村が7位

 9月5日、日本学生陸上競技対校選手権大会第2日が行われた(於・国立競技場)。男子走幅跳では主将・中村紘平(社4)が3回試技した時点でベスト8に入り、最終結果は7位となった。200m予選に男子は津崎亮(文4)、女子は長濱弘実(総4)が出場し、両者とも予選通過。明日の準決勝に挑む。一方、男子400mHの坂本龍太郎(経3)、男子800mの安田健一(商3)は予選敗退。男子110mHの深草祐喜(理4)は準決勝敗退となった。また4×400mRにおいても、男子(永久・津崎・安藤・山口)、女子(友田・長濱・倉内・森)ともに惜しくも予選を勝ち抜くことができなかった。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です