【硬式野球部】 樫岡、堂々の完封!同大戦、3年振りに勝利

 9月1日、わかさスタジアム京都に於いて行われた関西学生野球六大学秋季リーグ対同大3回戦。関学は初回から好投手・藤井から巧みに安打を放ち、先制に成功。また、中盤から終盤にかけても相手のミスを見逃さず、2点を追加し、3―0で勝利した。投げては先発の樫岡徹(商3)がピンチをしっかりと締め、被安打4で完封勝利を収めた。
                  R H E
同大 000 000 000=0 4  4
関学 100 001 10×=3 5  2
同)藤井、尾中―小林
学)樫岡―米川
 1勝1敗で迎えた3回戦。同大の先発は1回戦に打ち崩すことができなかった好投手・藤井だ。リベンジを懸け、関学は全員が一丸となって試合に臨んだ。
初回、いきなり関学の守りのリズムが乱れる。先発・樫岡徹(商3)は2番・竹本に四球を与えてしまい、続く打者は失策で出塁。4番・生島は三振で抑えたものの、5番・小林をまたもや四球とし、2死満塁の危機を招く。しかし次の打者はゴロに抑え、この回を無失点で終えた。
その裏、関学に先制点の好機が訪れる。1番・越智英貴(社2)が右前へと安打を放つと、2番・檪浦大亮(経2)がきっちりと犠打を決め、得点圏へと走者を進める。そして相手投手の死球もあり、1死1、2塁の好機で迎えるは4番・萩原圭悟(商1)。藤井から放たれたボールを右中間へとはじき返し、1点を挙げた。その後は併殺となり、後続は断たれたものの、貴重な先制点を奪った。
 1点を先制したことで、関学に良い流れが生まれる。樫岡は2回に、同大打線を3者三振に仕留めると、その後もテンポ良く相手を打ち取っていく。味方の好守備にも後押しされ、6回まで2安打無失点と好投を見せる。しかし、藤井も1回以降は好投を続け、関学打線はなかなか攻めきることができずにいた。
 1―0のまま迎えた6回。そろそろ追加点が欲しい関学が好機をつかむ。3番・土井竜也(社4)の右中間二塁打や、相手の失策などで1点を追加。2-0と点差を広げた。
このまま同大を0点に抑えたい樫岡であったが、7回、この日1番の危機を迎える。6番・小林の打ち取ったあたりを味方が失策。さらに、暴投と四球が重なり、無死一、三塁としてしまう。1本安打が出れば、1点差に詰め寄られる緊迫した場面であったが、樫岡は落ち着いていた。続く打者を浅いフライに打ち取り、丁寧に1つずつアウトを取っていく。さらに8番・藤井のゴロを併殺にし、この危機を乗り切った。
そしてその裏、関学はさらに1点を追加し、3-0と同大を突き放す。8回、9回と樫岡は走者こそ出すものの、決して得点は許さず見事に完封勝利を収めた。
 この結果2勝1敗となり、関学は6季振りに同大に勝利し、リーグ優勝へ向けて気持ちのいいスタートを切った。
試合後のコメント
清水監督「(同大には)就任後、初の勝利。ミスもあったが、ここぞという時に締めることができた。次の近大戦までに期間があくので、三遊間をまたしっかりと締めたい」
主将・有木孝広(商4)「今日も先制点を取れたことが大きい。チームの雰囲気もとても良くて、全員で勝つことができた。次の試合まで日が空くが、やれることをやるだけ。背伸びせずに、やるだけやって勝ちにつなげたい」
樫岡「2、3日前から調子が良くなく、コーチと一緒に球のキレを出していこうと言っていた。(3戦目ということで)プレッシャーもあったが、チームの良い雰囲気で、体もほぐれた。このまま勢いに乗っていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です