【硬式野球部】 攻守かみ合い、同大を圧倒!

 8月31日、わかさスタジアム京都に於いて行われた、関西学生野球六大学秋季リーグ対同大2回戦。関学は3回、1死二、三塁の好機に大西浩平(社3)の左中間を破る適時二塁打で2点を先制。5回にも先頭の土井竜也(社4)が右翼線に二塁打を放ち、大西のゴロの間に生還し1点、9回に萩原圭悟(商1)の適時打、大西のスクイズで2点を奪い、5―1で勝利した。また、先発の宮崎啓佑(社4)も4回裏に6番・生島に右翼へ本塁打を放たれるも、同大打線をわずか4安打に抑える安定した投球を見せ、見事に完投勝利を収めた。 こうして関学は、同大との対決を1勝1敗とし、明日の3回戦で決着をつける。
               R H  E
関学 002010002=5 11 0
同大 000100000=1 4  0
学)宮崎―米川
同)平川、山添、栗山、尾中―小林
 中一日空いて迎えた2回戦。一戦目を落とし、後がなくなった関学。この日先発に起用されたのは、宮崎啓佑(社4)だった。初回、宮崎は先頭打者・重光に中前安打を放たれ、出塁を許す。その後、犠打や盗塁、四球が重なり、2死一、三塁といきなりのピンチを迎える。だが5番・小林を空振り三振に仕留め、宮崎はこの回をしのぐ。また、攻撃では2回に先頭の百田諒(社3)が右翼方向にフェンス直撃の三塁打を放つも後が続かず、先制点を奪えずにいた。
 試合が動いたのは3回だった。先頭打者の檪浦大亮(経2)が中前安打で出塁すると、3番・土井竜也(社4)の犠打が相手先発・平川の野選を誘い、無死一、二塁。さらに、4番・萩原圭悟(商1)のゴロで1死二、三塁となり、好機を迎える。ここで登場したのが5番・大西浩平(社3)。初球から振りぬいた打球は左中間を破り、2点適時二塁打となった。パンチ力のある打撃が買われ、今秋から5番起用となった大西。その期待に応え、関学は見事先制に成功した。
2点の援護を受け、2回以降は安定した投球を見せていた宮崎だが4回、思わぬ危機が訪れる。2死から6番・生島に投じたカーブが、右翼スタンドに運ばれてしまったのだ。2―1となり、点差はわずかに1点。このまま相手に流れを渡したくない場面で、宮崎は崩れなかった。その後の打者をきっちりと三振に仕留め、この場面を最少失点で抑えた。
 そして、続く5回には右翼線の二塁打で出塁した土井が犠打、ゴロの間に生還し1点を追加。徐々に点差を広げていく。また好投する宮崎に加え、5回の捕手・米川千貴(商4)の盗塁刺殺や、8回の併殺などの野手の堅守も光り、守りでもリズムをつくった。だが、春は同大に2回戦で逆転負けを喫している。まだまだ追加点の欲しい関学は、攻撃の手を緩めることはなかった。そして迎えた最終回。1死満塁から4番・萩原の右前適時打、5番・大西のスクイズで2点を挙げ、5―1とし、同大を突き放した。また、宮崎も本塁打を含め被安打4と、見事な投球で同大打線を抑え完投。関学は1回戦の雪辱を果たし、明日の3回戦に向けて勢いをつけた。
試合後のコメント
清水監督「連敗だけはしないでおこう、と言っていた。春と比べて、打線もしっかりとしてきた。クリーンアップはこれからも固定して使いたい」
主将・有木孝広(商4)「1日空いて、初戦の負けを受け入れてプラスにすることができた。先制点が取れたことや、ベンチの仲間の存在も大きい。明日勝ってこそなので、明日も今日のようにやってきたことを信じて頑張りたい」
宮崎「初戦は緊張して、自分のピッチングが出来なかった。今日はリラックスして投げることができた。今まで同大には連敗することが多かったので、この1勝は大きいと思う。今シーズンは大学最後のシーズンなので、自分の力を出し切りたい」
大西「自分が打ったことよりも、チームが勝てたことが嬉しい。リーグ戦前から、同大に勝ちたい、とみんな思っていた。明日も先制点を取って、流れを持っていきたい」

4打点の大活躍を見せた大西
同大打線を封じ込めた宮崎

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です