【硬式野球部】 リーグ初戦、白星飾れず

 8月29日、わかさスタジアム京都に於いて行われた関西学生野球六大学対同大1回戦。関学は序盤に先制点を奪われ、0ー3とされてしまう。その後1点を返したものの、さらに追加点を許してしまい2ー8と敗北した。
                 R H  E
同大 021 000 410=8 11 0
関学 000 001 10×=2 10 1
同)藤井、尾中―小林
学)宮崎、小坂、福島、蒔野、中谷―米川、小林祐
 リーグ優勝へ向けて絶対に落とせない開幕戦。関学は、「絶対に勝つ」という強い思いを持って、試合に挑んだ。
 しかし、先発・宮崎啓佑(社4)は立ち上がりが不安定だった。そんな彼が同大打線に捕まったのが、2回。5番・石塚の中前安打と犠打で1死二塁とされ、迎えるは7番・強打者の生島。ボールカウント2-3から右越の2点本塁打を放たれ、先制点を奪われてしまう。さらに3回、3番・松原(匡)にまたもや右越本塁打を許してしまい、この回で宮崎は無念の降板となった。
 なんとか点が欲しい関学であったが、同大の好投手・藤井の前に2回、3回と凡退が続いてしまう。そんな中、関学が攻撃の兆しを見せたのは6回だった。1番・越智英貴(社2)が左前へと打球を運び出塁。さらに、続く打者のゴロと四球で1死一、二塁と得点の好機を作った。この場面で迎えるは、主砲・萩原圭悟(商1)。彼は見事、左前適時打を放ち1点を返した。なおも1死一、二塁の好機であったが、その後は藤井が踏ん張り、この回は1得点のみとなった。
 1点を返し、波に乗るかと思われた関学。しかし勝利への道は甘くなかった。7回に生島の中前二塁打や、味方の失策などが重なり、合計4失点。終盤で1―7と一気に突き放されしまった。
 その裏、関学打線は意地を見せる。途中交代で出場した百田諒(社3)、越智の連続二塁打で1点を返し反撃の糸口をつかむ。しかし、後続が断たれてしまいこれ以上点差を縮めることができなかった。
8回にも同大からダメ押しの1点を追加され、関学打線も反撃を試みるが、得点するまでには至らずゲームセット。2―8という結果で開幕戦は黒星スタートとなり、明日の2戦目にすべてを懸けることとなった。
試合後のコメント
清水監督「2桁安打は良かったが、つながらなかった。チャンスは作るけどあと1本が出ない。(明後日は)良い状態の中で迎えないといけない」
主将・有木孝広(商4)「先制点を取られたのが敗因。明後日は何が何でも先取点を取りたい。(明日は1日空くが)メンタル面を強めて戦いやすいように気持ちを持っていき、同大と良い勝負をしたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です