【バレーボール部】 慶関戦敗北

 8月22日関西学院大学体育館に於いて行われた第64回慶関バレーボール定期戦。昨年は関学が勝利しているため連覇を狙いたい。1セット目からシーソーゲームとなった。両校粘りのあるバレーボールを見せた。第2セットを終え、セットカウント1―1。ここから攻めて勢いに乗りたい関学だったが、慶大に攻撃をはばまれてしまう。試合の主導権を握ることができず第3、第4セットを連取されセットカウント1―3で敗北した。
試合後のコメント
主将・三宅宏和(社4)「チーム編成が変わって日が浅いのでチームが完成されていない。サーブカットのフォーメーションなどをきっちり決めていきたい。1人1人の能力を生かせるようなゲームをしていきたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です