【カヌー部】 明日につながる着実な試合を見せた

 8月17日、滋賀県立琵琶湖漕挺場に於いて行われた、第45回関西学生カヌー選手権大会第3日目。他校も追い上げを見せる中、関学は粘り強い戦いを繰り広げた。リレー種目では男女ともに、惜しくも優勝は逃すが2位と健闘。{SKー2}500㍍では決勝に6挺が進出するなど、チーム全員が実力を発揮し、明日の決勝へと勢いづけた。
【男子カヤック】
○S K-1【500×4メートル】 Relay
1位 立命大
2位 関学(石黒・沖・伊藤・服部)
3位 神大
【女子カヤック】
○ FSK-1【500×4メートル】 Relay
1位 武庫女大
2位 関学(山崎・山本・八木・杉本)
3位 神大
試合後のコメント
主将・太田一輝(商4)「今日は気を引き締めて試合に臨んだが、ライバル校である立命大や武庫女大に予想以上に追い上げられた。だが関学も決勝にしっかり進出し、また下級生も活躍を見せ、勢いづけられた。明日の1日、あともうひと踏ん張りしたい。守るのではなく攻める気持ちを忘れずに試合に臨んでほしい。また自身の試合でも1番を取りにいく」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です