【硬式野球部】 萩原スタメン出場!タイムリーも放つ!/日米大学野球

 7月13日に行われた第37回日米大学野球選手権大会第2戦(於・東京ドーム)。1戦目では出場機会のなかった萩原圭悟(商1)だったが、この試合では7番・指名打者としてスタメン出場。3打席2打数1安打1得点の大活躍をみせた。
 1打席目は死球。2打席目にはバットを折られながらも一塁への内野安打を放つと、これが適時打になった。その後、萩原は走者となり本塁生還も果たす。3打席目は空振り三振。そして途中交代となった。試合も7-5で日本が勝利した。
【写真提供:本学体育会硬式野球部OB/島尻譲氏】

打席に立つ萩原 一塁へヘッドスライディングする
SNSでフォローする
Comment (1)
  1. カズマ より:

    私は萩原君と小学校・中学校が同じで同級生ですが、プレーを見ていると同級生とは思えない素晴らしいプレーをしていると感じます。これからはますます厳しい環境の下でプレーすることになると思いますが、厳しい環境のなかでも粘り強く戦い、成長し、試合では素晴らしいプレーを披露して将来プロになれるよう頑張ってください。応援しています。お互い進路先は違いますが、いろいろと頑張っていきましょう。もし、お会いできる機会があるならば、一段と成長した萩原君を見たいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です