【剣道部】 全日、悔しい結果に…

 7月5日、大阪府立体育会館に於いて行われた第57回全日本学生剣道選手権大会。関学からは野口博史(商4)、八田篤(法4)、西中啓二(社4)、北村政明(商3)の4名が出場。昨年、今大会に於いて3位に輝いた八田を中心に、選手は気合いを入れていた。
 しかし関東の壁は厚く、八田、西中、北村はまさかの1回戦敗退。延長戦を勝ち抜き2回戦へ勝ち上がった野口も、延長戦の末、面を取られ1本負けを喫し2回戦敗退。関学勢は結果を出せず、選手たちは悔しさを露わにした。
 その後に行われた第56回全日本学生剣道東西対抗試合では関学から野口、八田が出場。気持ちを入れ替え試合に臨んだ。そして八田が力強い竹刀裁きを見せ2人抜きを果たし、優秀選手に選ばれた

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です