【バレーボール部】 全試合完封勝ち

 7月5日関西学院大学総合体育館に於いて行われた天皇杯・皇后杯全日本6人制バレーボール選手権大会兵庫県予選大会。関学は1回戦、2回戦を力強いスパイクで圧倒する。相手を全く寄せ付けない戦いを見せる。そして決勝戦に駒を進めた。迎えた決勝戦、対戦相手は兵庫県社会人チーム2位のPIRATES。関学は序盤、スパイクを決められリードを奪われる。しかし、中盤から持ち味であるブロックが爆発し、巻き返しを決めた。そして、セットカウント2―0でのストレート勝ちを収め、見事今大会で優勝を決めた。
試合後のコメント
主将・三宅宏和(社4)「優勝して当たり前の大会で、すべてストレートで勝てて良かった。Bチームの選手も含め、それぞれに頑張れたと思う」
佐々木剛(社3)「2試合を続けて疲労はあったが、決勝戦でもいい試合ができて良かった。応援もあって心強かったと思う」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です