【硬式野球部】 立命大に惜敗/春季新人戦

 6月24日に行われた平成21年度関西学生野球六大学春季新人戦(於・豊中ローズ球場)。準決勝は立命大との対戦となった。関学は2回表に外山昌孝(社2)の中前適時打で先制する。さらに5回表には檪浦大亮(経2)が右翼線に適時二塁打を放ち、2-0に。だが9回裏、2死から暴投で同点とされると、最後は守備の乱れで2-3とサヨナラ負けを喫した。
関学 010 010 000 =2 H6 E1
立命 000 010 002×=3 H6 E0
関学:前田、蒔野、芝田―小林祐
立命:山田、堤―中村、山村
 昨日の完封勝ちの勢いそのままに今日も勝って決勝に駒を進めたい関学。その思いはすぐに形となって現れ、序盤の2回に試合は動いた。6番・小林祐(経1)が四球で出塁すると、続く打者のゴロの間に二塁へ。2死2塁となったところで小林が意表を突き、三塁への盗塁を成功させる。8番・外山昌孝(社2)は2ストライクと追い込まれながらも6球目を中前に弾き返し、幸先よく先制点を挙げた。
 さらに5回表。1番・松浦大則(商2)、2番・越智英貴(社2)が四球で出塁。1死1、2塁の好機で春季リーグでも活躍が光った檪浦大亮(経2)に打順が回る。その檪浦が期待に応える右翼線への適時二塁打を放ち、1点を追加。さらに一塁から越智が一気に本塁を突く。だがここは相手の好返球に阻まれ、この回は1点止まりとなった。
 2-0と点差を広げ、波に乗ったかと思われたがその直後、立命大に反撃される。ここまで好投してきた前田貴史(社1)が連打を浴びてピンチを招くと、犠飛で1点を返された。関学は7回に越智の自身この日2本目となる二塁打で、1死2、3塁の好機を迎えたが後続が断たれ、得点に結びつけることができない。
 8回からは力投した前田に代わって、蒔野健太(文1)がマウンドに上がった。だが、試合初登板という緊張もあってかコントロールが乱れると、3つの四球で2死満塁のピンチに。しかしここは踏ん張り、無失点できりぬけた。
 試合は1点差のまま9回裏へ。蒔野から譲り受けた芝田崇将(人1)だったが、重圧からか連続四球などで2死満塁。あと1人まで追いつめたが、暴投で同点とされる。重苦しい雰囲気が漂うと最後は守備の乱れでサヨナラ負け。あまりにも悔しい敗北となった。
試合後のコメント
ゲームキャプテン・越智英貴(社2)
「追加点をすぐに取れなかった。それは打者陣のほうに責任がある。明日は1つでも多く課題をみつけて、1人1人が秋季リーグに向けて戦力になれるよう、戦いたいです」

先制となる適時打を放つ外山 先制のホームを踏んだ小林祐 先発し、好投した前田
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です