【バドミントン部】 関西準V

 6月23日大阪市立東淀川体育館に於いて行われた関西学生バドミントン選手権大会。見事に決勝に進出した清水・山下ペアだったが、相手のスピードのあるプレーに防戦を強いられた。0―2のストレートで敗れ、関西制覇はならなかった。
試合後のコメント
清水大輔(社4)「ここまできたら優勝したかった。まだバドミントンに対する貪欲さが足りないと思う。西日本大会ではベスト4を目標としたい」
山下貴士(経3)「優勝できなくて悔しい。これをバネに西日本大会に向けて、2人でローテーションを磨きたい」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です