【洋弓部】 関関戦/全員が実力発揮しきれず敗戦

 6月20日、関西学院大学洋弓場に於いて行われた第32回総合関関戦。男子は4450ー4991、女子は2754ー2819、合計7204ー7810となり606点差で敗北した。
 3日目、砂ぼこりが舞うほどの強風の中行われた今大会。関学がホームで行われる今年こそは、地の利を活かして勝利を収めておきたいところであった。だが、結果は606点差で関学の敗北。実力差を痛感させられた試合であった。
 関関戦は、各校男子8人、女子5人ずつが出場し、男女の合計点で勝敗が決まる。まずは男子の50m。1回目から大量リードを許してしまい、苦しい試合展開となる。30mでも差は縮まらず、男子は4450―4991で大敗となった。
 続いて行われた女子の50mでも、関大が優位に試合を進める。しかし、30mでは2回目以降、関大を上回る得点を叩き出し、僅かながらリードを奪った。最後の6回目で関大に追い上げられるも、大健闘の結果30mは1552―1552で引き分け。そして、女子の合計点は2754―2819となり、残念ながら女子も白星を上げることはできなかった。
 そして、最終結果となる男女の合計点は7204―7810となり、昨年に続き敗北となった。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です