【庭球部】 関関戦/昨年の雪辱はらす!接戦制す

 6月19日、旧テニスコートに於いて第32回総合関関戦が行われた。男子は苦戦を強いられ、健闘を見せるものの4―5となった。一方、女子は各選手が実力を発揮し、6―1と圧勝。総合結果は10―6となり、見事勝利した。
ボールを打ち返す沓脱
 例年関学の圧勝続きであったが、昨年はまさかの引き分け。関学庭球部の今年の関関戦にかける「絶対に負けられない」という思いを胸に刻み、試合に挑んだ。
 まず行われたダブルス。圧巻の試合を見せたのは6月初旬に行われた大会で準優勝を果たした辻田(商1)・山崎(文3)組。互いの息の合ったプレーで相手ペアに突き入るすきを与えず快勝。一方、互いが「ベストパートナー」と言い合う伊東(商4)・沓脱(経4)組は接戦を繰り広げるが、あと一歩及ばず、まさかの敗戦。残り1組も負けを喫し、男子は好スタートを切ることができなかった。また女子は上村(文4)・菅村由(人2)組が関大との実力の差を見せつけ勝利。だが、菅村彩(社4)・戸高(総4)はセットカウント1―1で迎えたファイナルセット。相手の厳しいコースを突く攻撃に翻弄(ほんろう)され、ゲームカウント4―6で惜しくも敗北を喫してしまう。
 ダブルスは2―3と押されている関学。悪い流れを断ち切るべく、シングルスで巻き返しを図った。男子シングルスで先陣を切った深井(商2)は強敵を相手に、完全に上回っていた。鋭くコースを突き、相手を左右に揺さぶる試合を見せ、まず先手を取った。チームに2勝目をもたらした杉森(経1)。第1セットで思いもよらぬ接戦となった。6―6のタイブレークとなり、一つのミスが流れを左右する緊迫した状況を迎える。杉森の気迫溢れるプレーが相手のミスを誘い、第1セットを先取した。この勢いそのままに第2セットも連取し勝利。「ダブルスでチームに悪い流れを作ってしまったので、シングルスは勝ちたかった」。そう語った主将・伊東は長いラリーの応酬で、体力勝負となった苦しい試合を制した。一方、女子シングルスでは井本(商3)が第1セットをストレートで勝利し、完全に流れをつかんだと思われた。だが、第2セットは自分のミスで相手にペースを持っていかれ、落としてしまう。そしてファイナルセット、一つのプレーに集中し、接戦を繰り広げる。そして終盤に3ゲームを連取し、見事勝利した。そして今年、スポーツ推薦で新たな新戦力として関学に加わった吉原(商1)は強烈なフォアハンドと気持ちの強さで相手を終始圧倒し、ストレートで白星を挙げる。そのほか、菅村由、上村、菅村彩も勝利を収め、シングルスは完全勝利。
 女子はダブルスの1つを落としただけの快勝を見せたが、男子は2年連続で黒星を喫した。総合成績は10―6で勝利したものの、昨年関西リーグでアベック優勝を達成した関学にとって、男女で明暗が分かれた試合となった。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です