【ラクロス部女子】 関関戦/接戦を制す

 6月18日、関西学院大学旧サッカーグラウンドに於いて行われた第32回総合関関戦。先制に成功した関学。だが関大も必死に食らいつき、互いに譲らない展開で前半を4対3で終える。後半も両者攻め合う状態が続くが、関学がリードを守り抜き8対5で勝利した。
フィールドを駆け抜ける堀江(法4)
 過去の総合関関戦では、常に圧倒的な実力差を見せつけ勝利を収めてきた関学。だが、関大も年々力をつけている。今年も関学が8得点を挙げ勝利したが、課題の残る試合となった。
 主将・松崎(経4)が「下級生がすごく頑張ってくれた」と言うように前半は、AT清水(商3)が大暴れする。開始1分、関学はAT清水が1on1を正確に決め先制する。だが流れにのりきれず、開始4分に同点に追いつかれる。さらにその2分後、松崎が「自分たちで自分たちを苦しめた」と反省するように関大にチャンスを与え、逆転を許してしまった。黙ってはいられない関学はその直後、ボールを持った清水がゴール裏に回り込んだ。ゴール前に出てきた清水は関大ゴーリーの隙間を突くシュートを決める。その後は両校1点ずつを取り合い3‐3で迎えた前半残り5分、ボールを受けた清水が一人で走り抜き、シュートを決めた。絶好調の清水が3得点の活躍をし、4‐3とリードして前半が終了した。
 後半開始1分、関学はAT谷本(法4)からAT志渡(社2)へとパスが通り、志渡がゴールを決めた。だが再び関大が猛攻を見せ、2点を失い同点に追いつかれる。関学は「ボールを奪っても、一本を落ち着いて取りに行けなかった」と松崎が言うように関大の実力に焦りを見せていた。そんな悪い流れを断ち切ったのは谷本。右から独走してきた彼女は勢いにのったままシュートを放ち、華麗に相手ゴールを揺らした。その後も2点を追加した関学は、ゴールを守り抜き8‐5で勝利した。
 反省が多かったが、リーグ戦までは時間がある。この課題をクリアしたとき、もっと強いチームになるだろう。今年の関学は、まだまだ強くなる。
試合後のコメント
主将・松崎未佳(経4)「まだまだ課題は多い。リーグに向けてチーム一丸で頑張っていきます」

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です