【アイスホッケー部】 関関戦/好ゲームも逆転負け

 6月18日、関西大学アイスアリーナに於いて行われた第32回総合関関戦。 第1P(ピリオド)、先制を許した関学だが、すぐに同点に追いつく。第2Pに逆転に成功するものの、関大の猛追を受け3点を奪われた。第3Pでさらに追加点を許してしまう。終盤に1点を返し反撃するが、相手の固い守りを破れず3-5で敗れた。
相手をかわす長友(文4)
 関学は、1P(ピリオド)開始直後から果敢にゴールを狙うが14分、関大に先制点を許してしまう。しかし16分、大嶋(社3)のシュートで同点に追いつく。良い流れで次につなげた。
 2P9分、久守(商1)の驚弾がゴールネットを揺らし、歓声も最高潮に達した。しかしそこから流れは関大に。3点を失い、点差は2―4と広がってしまう。
 立て直しを狙う3P、関学が攻めのプレーを見せる。しかし13分、関大に得点を許してしまう。シュート数は圧倒的に関大を上回るが1点が遠い。そんな中この日、好アシストが目立つ藤川(経2)からのパスを受けた小玉(社2)が得点を決める。応援席から再度歓声が上がった。その後も健闘するが、惜しくも3―5で試合終了。
 主将・長友(文4)は、「リードした時はいけると思った。気は抜けなかった」と話す。敗れたものの、若きエースらの活躍が目立つ白熱した試合となった。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です